カソルラ、2回目手術で今季絶望か? ヴェンゲル監督が選手の状態について言及

 負傷離脱している32歳のスペイン代表MFサンティ・カソルラの復帰時期がさらに遅れると、チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が明かした。14日に『デイリー・ミラー』など複数の英紙が報じている。

 カソルラは昨年10月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ルドゴレッツ・ラズグラド戦で負傷し、それ以降の試合を欠場していた。右足首の手術を受けた後、早ければ今年3月に復帰する可能性が報じられていた。

 同紙によると、ヴェンゲル監督がカソルラについて「どんな状況なのかメディカルスタッフと話し合った。6週間以内に利用できるようにはならないだろう」と語ったとのこと。また、英メディア『ESPN FC』は、2回目の手術を行ったことでさらに10週間は離脱する可能性があると報じている。

 中盤の要としてチームの攻守を支えてきたカソルラ。しかし、今季は負傷離脱により満足なプレーができていない。アーセナルは、今季終了後に契約が切れるカソルラとはまだ契約を更新しておらず、この長期離脱が新契約に向けた交渉にも少なからず影響するかもしれない。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索