U-20韓国、ビデオ判定でゴール取り消し。U-20W杯初日からテクノロジーが存在感

U-20韓国、ビデオ判定でゴール取り消し。U-20W杯初日からテクノロジーが存在感

 20日に行われたU-20ワールドカップ(W杯)で、映像による判定でU-20韓国代表の得点が取り消された。

 FIFAは今大会全試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を用いることを発表していた。大会初日から、テクノロジーが審判団をサポートしている。

 この日開幕したU-20W杯で、U-20韓国代表はU-20ギニア代表と対戦した。36分にバルセロナBでプレーするMFイ・スンウのゴールで先制すると、前半終了間際にもゴールネットが揺れている。

 しかし、最終的に得点は認められなかった。映像で確認したところ、イ・スンウがゴールライン際から折り返した際にすでにラインを割っていたため、2点目は幻となっている。

 また、同じ日に行われたU-20アルゼンチン対U-20イングランドの一戦でもVARが役に立った。この試合ではアルゼンチンのラウタロ・マルティネスが相手にひじ打ちを見舞ったシーンが映像で確認されて主審から退場を命じられている。10人になったアルゼンチンは、初戦を0-3で落とした。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索