堂安律、初の海外挑戦も無問題。監督が適応力を評価「仲間とコミュニケーション取れている」

堂安律、初の海外挑戦も無問題。監督が適応力を評価「仲間とコミュニケーション取れている」

 今年6月にJ1リーグのガンバ大阪からオランダ1部のフローニンゲンに移籍した19歳の堂安律が、練習試合などで活躍しフローニンゲンを率いるアーネスト・ファーバー監督から高評価を受けている。17日にオランダメディア『サッカーニュース』が報じた。

 現地時間8日に行われたVVアネンとの練習試合で堂安は2ゴールを記録。格下の相手とはいえ早速アピールに成功していた。ファーバー監督は堂安について「なんてナイスガイなんだ。非常にオープンな男で好奇心旺盛でとても勤勉。チームに良い影響を与えてくれる。あとはオランダ語を覚えてくれればいいね」と答えている。

 続けて「コミュニケーションはチームメイトと上手くできている。ボールを要求すれば自然に彼の元にくる。あれだけ心を開いていれば適応するのは簡単だろう」とも語り、すでにチームの一員として適応していることを明かした。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索