大卒後シンガポールのMVP経てJ1デビュー。“逆輸入Jリーガー”、新潟・河田篤秀の軌跡

大卒後シンガポールのMVP経てJ1デビュー。“逆輸入Jリーガー”、新潟・河田篤秀の軌跡

周囲には遠回りに映るこれまでの軌跡

 異色のオールドルーキーが、待望のJ1デビューを果たした。FC東京と対峙した7月30日のJ1第19節で、後半26分から敵地のピッチに立ったアルビレックス新潟のFW河田篤秀(24)。セレッソ大阪U‐18への昇格をあえて断り、阪南大学卒業後にはアルビレックス新潟シンガポールで2年間プレー。昨シーズンのシンガポールリーグMVPを引っさげ、いわゆる“逆輸入”の形で完全移籍したJリーガーの、波瀾万丈の軌跡とポジティブな思考に富んだサッカー人生を追った。(取材・文・藤江直人)

——————————

 味の素スタジアムのゴール裏でウォーミングアップを重ねながら、アルビレックス新潟のルーキー、河田篤秀は心臓の鼓動がどんどん高鳴ってくるのを感じていた。

 前半12分にもぎ取った先制点を何とか死守してきたが、後半21分に追いつかれてしまう。リザーブのなかでフォワードは自分だけしかいない。憧れ続けてきた舞台に、初めて立つ瞬間は必ず訪れる――。そう考えただけで、177センチ、74キロのボディにアドレナリンがあふれてくる。

「早く呼ばれないかな、という気持ちでずっとアップしていたので。思っていたよりも緊張はしなかったですね。むしろお客さんが大勢いたので楽しもうというか、やってやるぞ、一発叩き込んでヒーローになってやるぞ、という思いでピッチに入ったんですけど」

 FC東京のホームに乗り込んだ7月30日のJ1第19節。今シーズンで初めてベンチに入った河田に、呂比須ワグナー監督から声がかかったのは同点とされてから5分後。伝えられた指示は単純明快だった。

「どんどんシュートを打っていいと。それだけだったので、とにかく相手よりもできるだけ多く走って、自由にやろうと。ただ、今日に関しては正直、全然ダメでしたね」

 4分間のアディショナルタイムを含めて、放ったシュート数はゼロに終わった。試合もそのまま1‐1で終了。5月20日の北海道コンサドーレ札幌戦以来、7試合ぶりとなる白星も得られなかった。

 それでも、河田自身は確かなる第一歩を刻んだ。25歳になる年でのJ1デビュー。周囲には遠回りに映るこれまでの軌跡はすべて河田自身が決断し、過去を振り向くことなく歩んできたものだった。

自らの意思で断ったセレッソ大阪U-18への昇格

 1992年9月18日に大阪府で産声をあげた河田は、中学進学と同時にセレッソ大阪U‐15に加入する。地元の和泉FCの一員として小学校6年生のときに出場した、U‐13セレッソカップで優秀選手に選出されたプレーが見染められ、セレクションなしで迎え入れられた。

 同期には今シーズンのJ1の得点ランキング2位となる11ゴールをあげて、大ブレークを果たしているFW杉本健勇がいる。もっとも、高校進学を控えた2007年の秋。チームから打診されたセレッソ大阪U‐18への昇格を、河田は自らの意思で断っている。

「詳しく言うと、中学2年生のときからサイドバックにコンバートされていて、U‐18に上がれるか、上がれないかの話になったときに一度ダメだと言われたんですね。その後にフォワードへ再コンバートされて、たまたまいい結果を出したら『やっぱりほしい。どうだ』と聞かれたんです」

 すでに阪南大学高校への進学を決めていた。心のなかでは、高校サッカーへの憧れが占める割合のほうが大きくなっていた。U‐18へ昇格したほうが、もしかするとプロへの近道になったかもしれない。それでも河田に迷いはなかった。

「もちろん、U‐15に入ったときはU‐18に上がりたい、と思ってプレーしていたんですけど。一度ダメだと言われてすでに切り替えていたというか、高校サッカーへの楽しみもあったので。すでに自分のなかでは決めているので、という理由でお断りした感じです」

 学校をあげてサッカー部の強化が始まったばかりの高校時代は、残念ながら全国高校選手権、インターハイともに縁がなかった。卒業後に進んだ強豪・阪南大学では、2年生の夏に総理大臣杯全日本大学トーナメント制覇に貢献する。

 前年度のインカレ王者・専修大学との決勝戦で見せた相手を引きずるようなドリブル、シュートに対する貪欲な姿勢はその後も磨かれ、関西学生サッカーリーグ1部でも2度優勝。迎えた2014年。卒業が近づいてきても、Jクラブからのオファーは届かなかった。

「監督やコーチからは『年明けまで待ってみたらどうだ』と言われたんですけど、自分としては年内に正式なオファーをいただいた、アルビレックス新潟シンガポールでプレーすると決めていました。シンガポールリーグ(Sリーグ)で満足のいく結果を残すまでは、という思いを抱いて行ったんですけどね」

シンガポールではリーグ年間MVPに

 言葉も文化も生活習慣もすべてが日本とは異なる、東南アジアの地で幕を開けたチャレンジ。何よりも河田を戸惑わせたのは、ピッチのうえで展開されるサッカーの根本的な違いだった。

「けっこう苦労しましたね。まずはサッカーのスタイル。球際がめちゃくちゃ激しいんですけど、審判もそこまでシビアにファウルは取らない。日本ではファウルを取られるか、あるいはイエローカードが出されるようなプレーが、シンガポールではごく普通なんですよ。

 わかりやすく言えば、相手を削るのが当然という感じですよね。そこまで激しくいくのかと、最初は本当にびっくりしました。でも、そこで自分がワー、ワー文句を言って、その場に倒れているようならダメだったので。2年間プレーして、多少は慣れたという感じですね」

 苦笑いを浮かべる河田にひざから下の部分を見せてもらうと、決して少なくはない傷跡が残っていた。異国の地に無我夢中で順応し、はいあがってきた証に「少しくらい激しく当てられても、というところも生かせれば、2年間も無駄にはならないですよね」と屈託なく笑う。

 1年目の2015シーズンは主にサイドハーフで、21試合に出場して6ゴール。フォーメーションが「5‐4‐1」に変わった昨シーズンはワントップ及び右ウイングバックとして22試合に出場し、13ゴールをマーク。Sリーグ初制覇を含めた、同国内史上初のシーズン四冠独占に大きく貢献した。

 その結果として手にしたのが、年間最優秀選手に当たる『Player of the Year』だった。アルビレックス新潟の関心をも引き寄せるきっかけとなった勲章は、河田のなかでいまも眩い輝きを放っている。

「Jリーグと比べるとレベルは下がるかもしれませんけど、その国のトップリーグでMVPを取るというのは簡単なことではないと思うので。もちろん、MVPを取ったからJリーグですぐにどうこう、ということもないですけど、僕自身は本当に誇らしく思っています。

 自分としても、これでオファーが来たら気持ちよくというか、次のステージにチャレンジできる、という思いもありました。ある程度の結果を出さずに移籍したとしたら、シンガポールでの日々が無駄になってしまう、と思いながらプレーしてきたので」

意外に例が少ない、シンガポールから新潟のルート

 昨年9月にアルビレックスの練習に参加した河田のもとには、その後に正式なオファーが届いた。アルビレックスからシンガポールにプレー機会を求める選手はいても、逆のパターンとなると意外に少ない。

 たとえば、2015シーズンのSリーグで『Player of the Year』に輝いたMF小暮郁哉は、2008シーズンからアルビレックスでプレー。水戸ホーリーホック、当時JFLのアスルクラロ沼津への期限付き移籍をへてシンガポールに移籍し、昨シーズンは同国のホウガン・ユナイテッドFCでプレーしている。

 2004シーズンから全員が日本人の外国人チームとしてSリーグに参戦してきたシンガポールは、同国を含めた東南アジアへ日本人選手を輩出する“経由地”を担うことも多くなった。河田も海外挑戦の継続を視野に入れていたが、アルビレックスからの届いたオファーが運命を変えた。

「僕はたまたま練習参加させていただいて。やはり一度はJリーグでプレーしたいと思っていたので、オファーが届いたときは迷わず決断しました。あらためて振り返ると長かった、と思えますけど、すべてをポジティブに考えるタイプなので。いま現在のために必要な時間だった、と思っています」

 YBCルヴァンカップのグループリーグ2試合に途中出場。次はリーグ戦へ、と意気込んだ矢先の5月16日に右足関節前方インピンジメント症候群を患い、右足首の手術を余儀なくされた。全治まで8週間から10週間を要すると診断されても、前向きな姿勢は変わらなかった。

「けがは仕方のないことなので。ここからチームの力になれれば、それはそれでいいんじゃないかと僕自身は思っています」

 迎えた2017年7月30日。記録上では「後半26分からFW平松宗に代わって途中出場」以外に特筆すべき事項がないデビュー戦は、河田の記憶のなかに未来への決意、あるいは教訓として色濃く刻まれる。

「自分がボールをもったときにもっとゴリゴリいって、前向きにプレーしたかったんですけど。味方がクリアするボールが多かったこともあって、まずはボールをキープすることを意識しすぎました。前への怖さを出せなかったことは、自分的には反省しています。

 ただ、チームとしては、さらに失点しなかったことをポジティブにとらえたい。アウェイだし、引き分けは完全に前向きな結果だと思うので。J1でデビューできたことは嬉しいけど、僕自身はエースになる、という大きな目標がある。そのためにも結果を出さなきゃいけない、とあらためて思いました」

 追い求める理想像は「頼む、任せたというボールを何とかできる、たくましいフォワード」と胸を張る。依然として最下位に低迷し、今後も厳しい戦いを強いられるアルビレックスにとって、波瀾万丈に富んだサッカー人生をポジティブな思考に投影できる、河田のような存在が浮上への起爆剤となるかもしれない。

(取材・文:藤江直人)

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索