移籍金高騰の必然。プレミアリーグ、記録的出費続出を導く超巨大放映権収入

移籍金高騰の必然。プレミアリーグ、記録的出費続出を導く超巨大放映権収入

ビッグクラブに限られない記録的出費

 数年前であれば信じられないほど高額の移籍金が動いているサッカー界の移籍市場。とくにイングランド・プレミアリーグでは、ビッグクラブのみならず中位・下位のクラブも選手獲得に多額の費用を費やしている。このような状況はどのようにして引き起こされたのだろうか。(文:山中忍)

——————————

 マンチェスター・シティはSBの補強だけで約1億2800万ポンド(約185億円)もの出費。買い渋りで知られるアーセナルまでもが、クラブ史上最高の移籍金4650万ポンド(約68億円)でアレクサンドル・ラカゼットを獲得。マンチェスター・ユナイテッドがエバートンに支払うロメル・ルカク獲得費用は、最終的に9000万ポンド(約130億円)に上る可能性を秘める。

 今やプレミアリーグ勢の動きが目立つ夏の移籍市場は珍しくないが、今夏は「インフレ」、「プレミアム」、「身代金」といった表現で移籍金の高さが取り沙汰されている。

 記録的な出費はビッグクラブに限られてはいない。現“ビッグ6”を追う立場のエバートンは、新GKジョーダン・ピックフォードと新CBマイケル・キーンを、共にクラブ史上最高額の2500万ポンド(約36億円)で格下から引き抜いた。プレミア定着を狙うボーンマスや、昇格1年目のブライトンとハダーズフィールドも今夏に移籍金の自己新記録を更新している口だ。

 但し、それらの金額には目を見張らされても、このような現状は驚きではない。ワールドクラスが相次いで獲得されているわけではなく、実力以上の移籍金を支払わされている感は否めないが、起こるべくして事態なのだ。高額をふっかけられても仕方のない資金力を昨今のプレミア勢は備えている。

 伝統的な迫力に加え、遅まきながら技術や戦術の面でも魅力を増しているイングランドのトップリーグは、他の欧州主要リーグのようなウィンター・ブレイクが存在しないセールスポイントも相まって、巨額の放映権収入を引き寄せ続ける。

“TVマネー”で潤うプレミア勢の収益は、今年1月にデロイト社が発表した「マネーリーグ」で世界1位のユナイテッドを筆頭に5クラブがトップ10に名を連ね、来年は全20クラブのトップ30入りが見込まれる規模にある。

移籍市場での扱いがレアルなみになっているプレミア勢

 一昔前までは、レアル・マドリーが買い手なら選手の査定額が軽く1000万ポンドは跳ね上がると言われたが、今日のプレミア勢は、少なくとも移籍市場での扱いはレアルなみ。

 8月に入ってリバプールによるレナト・サンチェス獲得の噂が高まっているが、バイエルン・ミュンヘンとの商談が進むとすれば、その金額規模は、7月にACミランが交渉を試みた金額の倍に跳ね上がっても不思議ではない。

 おまけに、中でも富裕な強豪が補強に必死とくれば交渉相手に足元を見られるのも当然だ。最たる例が、ペップ・グアルディオラ体制1年目を無冠で終えたばかりのシティ。

 カイル・ウォーカーを過去最高値のイングランド人DF、バンジャマン・メンディを世界最高値のDFとして買い入れ、その間には両者の半額程度だが30億円台後半でダニーロを獲得したSB陣の総入れ替えは、「グアルディオラ流」のスタイルでタイトルを争うチームを作る上で必須となる、戦術上のキーポジション補強を意味するものだった。

 今季はプレミア優勝争いがノルマとなる状況は、ジョゼ・モウリーニョ体制1年目にEL優勝によるCL出場権獲得で辛くも「失敗」を回避したユナイテッドも同様だ。

 リーグ順位はユナイテッドを上回る5位で、FAカップ優勝も果たしてはいるが、退任を求める一部ファンの声を押し切ってアーセン・ベンゲル続投を決めたアーセナルにも昨季同様は許されない。

 CL復帰を果たしたリバプールでは、就任3年目を迎えるユルゲン・クロップが本格的な梃入れに着手する時期。昨季プレミア王者のチェルシーにしても、闘争心と野心の旺盛なアントニオ・コンテが狙うプレミア連覇とCL優勝争い参戦を実現するには、選手層が心許ない。

 補強なしでプレシーズンに突入したトッテナムには、ハリー・ケインとデレ・アリという若き主軸に代表されるチームの成長が期待できるが、後続勢の追い上げ姿勢を考慮すればチーム内競争の激化を図るのが理想だろう。

過去最大級の放映権契約、3年サイクルの2年目へ

 第2グループからの脱皮を狙うエバートンのみならず、昨季は中位に後退したウェストハムも、ジョー・ハート、マルコ・アルナウトビッチ、ハビエル・エルナンデスといったプレミア有経験者を迎えることで、不足していた後方の安定感と前線の脅威度を積極的に補っている。

 放映権収入が生中継の多い人気クラブに偏ることなく分配されるプレミアでは、リーグ全体の戦力アップが進み、その競争性の高さが世界的な人気の一因となって放映権料の上昇につながるわけだ。

 アルナウトビッチを手放したストークからは、売る決断を迫られるプレミア勢の悩みも窺える。ウェストハムから得る移籍金は獲得費用の10倍を超える2400万ポンド(35億円弱)だ。

 買い手になれば巨額の出費を覚悟しなければならない立場として、その穴埋めができる売り手としての旨い話を逃したくないビジネス感覚はビッグクラブ勢も同様。

 替えの効かない主力でも絶対に売れない選手ではなく、ネイマールのPSG入りでチェルシーから玉突き移籍の可能性が噂されるエデン・アザールも、バルセロナの提示額しだいでは「換金」されかねない。

 そのチェルシーは、多くのプレミア勢が値の張る補強を強いられるもう1つの理由の代表例でもある。自家製戦力の乏しさだ。今夏の新戦力の1人にティエムエ・バカヨコがいるが、同時にユース出身のナサニエル・チャロバーがワトフォードに放出された。

 自家製ボランチを1軍で使って育てようとしなかったチェルシーは、チャロバー売却額の8倍に当たる4000万ポンド(約58億円)で、同じ22歳のボランチをモナコから買い入れた格好だ。

 過去最大級の放映権契約は3年サイクルの1年目が終わったばかり。巨大な収入源が確保されている各クラブは今後も資金力に物を言わせ、上位勢は国内外での優勝争いによる富と名声の拡大、中位勢と下位勢は国内でのステータス維持という目先の目標達成に躍起になる。プレミア勢にとって自業自得の“高い夏”は今後も続く。

(文:山中忍)

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索