ミラン、91億円提示も伊代表FW獲得失敗。前線補強が難航…

ミラン、91億円提示も伊代表FW獲得失敗。前線補強が難航…

 ミランのFW補強が難航している。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、FWアンドレア・ベロッティ獲得を目指しているミランだが、トリノに断られた。

 今夏の移籍市場で積極的な動きを続けるミランだが、FWの補強がなかなか進まない。ボルシア・ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤン、チェルシーのジエゴ・コスタなど、さまざまなターゲットの名前があがっているが、交渉は進んでいない様子だ。

 同紙によると、ミランは以前から注目している選手の一人であるベロッティを獲得するため、トリノに7000万ユーロ(約91億円)でオファーした。だが、トリノからの返答は「ノー」だったという。

 イタリア代表のベロッティは現在23歳。2016/17シーズンのセリエAで26ゴールを挙げて得点ランクの3位になった。昨年末にトリノとの契約を延長し、イタリア国外移籍時の契約解除金は1億ユーロ(約130億円)に設定されている。

 各ポジションにビッグネームを迎えているミラン。新エースは誰になるだろうか。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索