山村和也が語る“トップ下コンバート”の実際。C大阪・ユン監督に見抜かれた潜在能力

今季のJ1前半戦、最大のサプライズ

 2017シーズンの明治安田生命J1リーグ前半戦で最大のサプライズと言える、セレッソ大阪・山村和也のトップ下コンバート。彼はなぜトップ下にポジションを移したのか。そして本人はこのコンバートをどのように捉えているのか。8月7日発売の『フットボール批評issue17』では、山村本人へのインタビューを敢行。センターバックやボランチを主戦場としてきた選手が、異例のコンバートについて打ち明けた胸中の一端をここに公開する。(取材・文:小田尚史)

——————————

 今季のJ1リーグ前半戦で最も大きなサプライズとなったのが、C大阪・山村和也の“トップ下コンバート”ではないだろうか。公式戦で初めて披露されたのが、第2節の浦和戦だった。

 この試合、ベンチスタートとなった山村だが、1-3でリードされた73分、丸岡満(長崎へ移籍)と交代でピッチに入ると、杉本健勇との2トップに近い位置を取り、柿谷曜一朗が左サイドに回った。

 すると、以降の時間帯は、運動量が落ちた浦和に対し、C大阪が高い位置からボールを奪う場面も増え、攻勢を仕掛けた。80分には、柿谷のクロスに山村が惜しいヘッドを放つシーンもあった。

 今後につながる可能性を大いに感じさせた“山村の前線起用”だが、この時点ではあくまでオプションの域を出ないかに思われた。

 開幕前の宮崎キャンプから試されていた形とは言え、山村本人も、「まさかトップ下でこうやってシーズンを通してプレーするとは、(その時は)思い描いていなかったですね(笑)」と今回のインタビューで率直な感想を打ち明けている。

 ただし、第3節の札幌戦でトップ下として先発した山村は、以降もこのポジションを主戦場として試合を重ねて定着。リーグ前半戦だけで7得点を奪うなど、C大阪の快進撃を支えることになった。

 コンバートが成功した要因は何だったのか。今季からC大阪で指揮を執っているユン・ジョンファン監督は、「(コンバートは)うまくいくか、いかないか、五分五分だった」と打ち明けるが、鳥栖での監督時代から、当時、鹿島でプレーしていた山村の能力に注目していた。

「(C大阪で監督をすることが決まって)改めて自分なりに彼の特長を見ると、後ろで使うより、前で自由に動いてもらった方がいいのではないか」という考えに至った。

清武・柿谷がいるなかで山村をトップ下起用する理由

 長身だが、足元の技術も高いところ、懐の深いキープ力、DFにも当たり負けしないフィジカル、サイドからのクロスに合わせる高さ。彼が持つそれらの武器は「前線でこそ、より生きる」と指揮官は判断した。

 さらに、本来はCBやボランチとしてここまでプレーしてきただけあって、痒い所に手が届く守備もまた、彼の長所だ。「CBをやっていた時、前の選手にこのタイミングでプレスに行って欲しい、というタイミングで行くように心がけています」と話すファーストディフェンダーとしての貢献も非常に大きい。

 言わば、攻守両面においてスイッチ役として機能している。また、山村は、どの試合においても、走行距離はチームで1、2を争う。“豊富な運動量をベースに、攻守における幅広い動きでチームに貢献する”姿。まさに、これほど頼もしい存在はいないわけである。

 チームには、トップ下を本職とする清武弘嗣や、J2を戦った昨季の序盤、トップ下を務めていた柿谷といった選手たちも存在するが、ユン・ジョンファン監督が彼らをトップ下で起用することは、ここまで限定的だ。その理由はサイドも重視しているため。「サイドで起点を作って、そこから攻撃に移る」(ユン・ジョンファン監督)コンセプトを遂行する上で、卓越した技術を持つ彼らをサイドに配置するメリットも大きいと考えている。

「新たなサッカーの楽しみ方と出会えた」

 清武や柿谷2人の“真ん中”での適正は十分に理解した上で、試合の主導権を握るため、“敢えてサイドで起用している”側面もある。それが可能となったのも、山村が真ん中で機能する手応えを得られたからに、他ならない。

 傍目から見れば、新たに与えられたポジションですぐさまフィットしたようにも映る山村だが、「ボールの運び方や、シュートを打つタイミングは難しい」と話すなど、今回のインタビューでは、試行錯誤しながらトップ下を自分のポジションにしようとしている姿も伝わってきた。

 それでも、「楽しく取り組めています。サッカーに対する新鮮な気持ちがまた蘇った、ではないですけど、また新たなサッカーの楽しみ方と出会えたのかなと思います」とインタビューの締めで語った言葉からは、清々しさも感じさせた。

 第16節・仙台戦での得点を最後に、7月以降は得点から遠ざかっており、相手チームからのマークも激しさを増しているが、「僕がシンプルにプレーすれば周りが生きる可能性もありますし、僕がしっかりとキープできればフリーの選手も多くなると思う。そこは臨機応変に、仲間といい距離感でやっていけたらいいかなと。チャレンジすべき一つの課題になると思います」と意欲的に語る。

 C大阪は、第20節を終えた時点で、暫定首位に立っている。ここから戦いが佳境に向かっていくシーズン後半戦も、山村の新たなチャレンジの行く末を見届けたいと思う。

(取材・文:小田尚史)

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索