負傷続きのバルサDFに4クラブが関心か。プレミアリーグ復帰が有力?

負傷続きのバルサDFに4クラブが関心か。プレミアリーグ復帰が有力?

 バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンに、プレミアリーグなどから4つのクラブが獲得への関心を示しているという。スペイン『ドン・バロン』が7日付で伝えている。

 現在31歳のヴェルメーレンは2014年にアーセナルからバルサへ移籍したが、負傷のため最初の1シーズンをほぼ全て棒に振ることになった。2年目の2015/16シーズンに公式戦20試合に出場したあと、昨シーズンはローマへとレンタルされていた。

 現地時間7日に行われたガンペール杯のシャペコエンセ戦では、ヴェルメーレンは負傷のため欠場を余儀なくされた。だが試合前に発表された背番号入りのメンバーリストでは、同じく負傷欠場したMFアンドレ・ゴメスらが含まれる一方でヴェルメーレンには背番号が与えられておらず、移籍を示唆するものではないかともみられている。

 報道によれば、そのヴェルメーレンの獲得に向け、イングランドのエバートン、ウェスト・ブロムウィッチ、クリスタル・パレス、および母国ベルギーの強豪アンデルレヒトの4クラブが関心を示しているという。中でもエバートンが最も優位な状況にあると伝えられている。

 バルサでは負傷の影響もあり、十分な活躍を見せるに至っていないヴェルメーレンだが、アーセナルで5年間を過ごしたプレミアリーグでは今も高い評価を維持しているようだ。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索