ジダン・レアル、最強の全方位型。勝利の一点で結束、“白い巨人”の遺伝子【西部の戦術アナライズ】

ジダン・レアル、最強の全方位型。勝利の一点で結束、“白い巨人”の遺伝子【西部の戦術アナライズ】

20世紀のクラブから21世紀のクラブへ

 FIFAから「20世紀のクラブ」として表彰されているスペインのレアル・マドリー。15/16、16/17シーズンとUEFAチャンピオンズリーグを連覇し、黄金期といってもいい時代を迎えている。“エル・ブランコ”の強さはどこにあるのだろうか。『サッカー戦術クロニクル ゼロ トータルフットボールの源流と未来』を上梓した著者が読み解く。(文:西部謙司)

——————————

 FIFAはレアル・マドリーを「20世紀のクラブ」として表彰した。55-56シーズンにスタートしたチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)に優勝し、そのまま5回連続でビッグイヤーを独占している。ディ・ステファノ、プスカシュ、ヘント、サンタマリアといった錚々たるメンバーを揃えたオールスターチームだった。

 2016-17シーズン、CL史上初の連覇を達成。4シーズンで3回の優勝は1950年代の黄金時代を彷彿させる成績である。この調子なら「21世紀のクラブ」もレアル・マドリーになるだろう。

 強さの源泉は選手のクオリティーだ。その時代の最も優れた選手たちを集めてきた。ただ、補強は主にアタッカーであり、キャラ被りやポジションバランスなどお構いなしの傾向はある。

 50年代の黄金時代には当時世界最高のプレーヤーだったディ・ステファノを擁しているのに、ランス(フランス)からコパを引き抜き、さらにブラジルの至宝ジジ、ハンガリーのスーパースターだったプスカシュとビッグネームを獲得し続けた。

「銀河系」と呼ばれた時代もフィーゴ、ジダン、ロナウド、ベッカム、オーウェン……補強というよりコレクションに近い。

 現在の陣容も攻撃寄りに変わりはない。ベイル、ベンゼマ、ロナウドのBBCにアセンシオ、イスコがいて、昨季まではハメス・ロドリゲスとモラタまでいた。この夏の間にはムバッペ(モナコ)を獲得するという噂もある。

 この過剰ともいえる戦力を率いる監督には、スター軍団をコントロールする手腕が求められる。これに失敗するとレアルでは生き残れない。選挙で選ばれている会長には絶大な権力があり、メディアの目も厳しい。

 選手のほとんどには海千山千のエージェントもついている。火のないところにも煙が立つ、一筋縄ではいかない環境だ。選手をコントロールし、会長を黙らせ、メディアを制御するには、勝って勝って勝ちまくるしかない。

不可欠な選手はいつも縁の下の力持ち

 ペレス会長の第一次政権時代に「ジダネス・イ・パボネス」というポリシーがあった。高額スターのジダンたちと、生え抜きの若手(パボン)たちを組み合わせるという意味だが、戦略というより経営方針といっていいだろう。実力も市場価値も相当な差がある選手が同居する究極の格差社会だった。長続きするわけがない。

 ジダネスの代表だったジダン監督が率いる現在のレアルは、すべてのポジションがジダネスになっている。とはいえ攻撃偏重の構成に変わりはなく、つまりカギを握るのは中盤の底に位置するカゼミーロである。

 これはジダンが現役だったときのマケレレが攻守のバランスをぎりぎりで保っていたのと同じだ。BBCを並べるにしろ、1人削って2トップ+イスコでもそれは変わらない。レアルで最も重要な選手はカゼミーロであり、いまのところ代案もなく代役もいない。攻撃のスターを並べるかぎり、このクラブで不可欠な選手はいつも縁の下の力持ちということになる。

 攻撃のエンジンはモドリッチとクロースだ。この2人を経由すれば敵の厳しいプレスにもボールを失わず、有効な攻撃へつなげていける。2人のプレーメーカーをカルバハルとマルセロの両サイドバックが援護する。

 FWが強力なレアルはもともとカウンターアタックをやらせれば世界一の破壊力があったが、中盤の構成力が上がったことで遅攻でも問題なく点がとれている。さらにカゼミーロの定着で守備も安定。堅守速攻もポゼッション&プレスもできる、どうなっても強力なチームが出来上がった。

 ジダン監督はスター選手を気持ち良くプレーさせる、このクラブに適したタイプのボスだが、物わかりがいいだけの男ではない。2006年ワールドカップ決勝が典型だが、怒れば世紀のちゃぶ台返しも平気である。CL15-16のファイナルでは、堅守速攻のアトレティコ・マドリーにボールを持たせるという、かなりえげつない戦い方を仕掛けていた。

 ライバルのバルセロナはレアルと似たチームだが、あんなことはできないと思う。いざとなれば勝つことがすべて。何だかんだいっても、その一点でまとまれる。“白い巨人”に受け継がれてきた遺伝子なのかもしれない。

(文:西部謙司)

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索