フランクフルトの長谷部誠を監督も絶賛。「彼は若手選手にとって模範となる人物」

フランクフルトの長谷部誠を監督も絶賛。「彼は若手選手にとって模範となる人物」

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は今季もチームで重要な役割を担うことになりそうだ。地元紙『フランクフルター・アルゲマイネ』が報じている。

 同紙はニコ・コバチ監督のインタビューを掲載しており、その中で長谷部について「監督にとってマコトのような選手がチームにいることは幸せだ。彼は若手選手にとって模範となる人物だ」と語っている。

 長谷部は今年3月に行われたバイエルン・ミュンヘン戦で膝を負傷し手術を行った。その後のリハビリは順調に進み、先月には実戦復帰をするまでに回復している。そんな長谷部をコバチ監督は「マコトは読みが鋭く多くの状況を瞬時に判断できる。彼はチームに安心感を与える」と日本代表で104試合、ブンデスリーガでも日本人最多出場記録(236試合)を持つ33歳の経験と戦術眼を高く評価している。

 フランクフルトは現地時間12日、今季初の公式戦となるドイツ杯(DFBポカール)1回戦TuSエルンテブリュック(4部)戦を敵地で行うことになっている。監督から絶大な信頼を得ている長谷部は今季のチーム浮上のカギを握るキープレイヤーになることは間違いなさそうだ。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索