「ネイマールは100%出ていくと分かっていた」とピケ。「残る」ツイートの時点で…

「ネイマールは100%出ていくと分かっていた」とピケ。「残る」ツイートの時点で…

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、バルサからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したFWネイマールについて「彼は残る」とメッセージを発した時点で、実際にはすでにネイマールの移籍を確信していたと明かした。12日付のスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 ネイマールのPSG移籍が実現するのかどうかが注目されていた先月23日、ピケはネイマールと肩を組んで笑顔で撮影した写真をSNSで投稿し、「(彼は)残る」と一言コメントを添えた。ピケがネイマールの決断を知った上でバルサ残留を“発表”したのではないかとして注目を集めることになった。

 だがピケは、ネイマールはその時点ですでにバルサ退団を決めていたと明かしている。「(リオネル・)メッシの結婚式(6月30日)の時点で、彼はすでに出ていくことを考えていた。『残る』というツイートをした日には、彼が100%出ていくと分かっていた」とピケは語った。

「後悔はしていないし、欺かれたとも感じていない。僕がネット上でやることには全て意味がある。このクラブが、独特の才能を持った選手を引き留める力になりたかったんだ」とピケは、不可能とは知りながらネイマールを引き留めたいという思いでSNS投稿を行ったことを説明している。

 先月29日に米国で開催されたインターナショナル・チャンピオンズカップのレアル・マドリー戦が、ネイマールのバルサでの最後の試合となった。「色々な形で出ていく選手がいるが、彼は最後まで戦った。出ていくと知りながら、負傷の可能性もあるのにクラシコで全力を尽くした。誰よりも強くユニフォームを守った」とピケは元同僚の姿勢に賛辞を送っている。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索