マンU、インテルのクロアチア代表MFを諦めず? 68億円提示で再挑戦か

マンU、インテルのクロアチア代表MFを諦めず? 68億円提示で再挑戦か

 マンチェスター・ユナイテッドはインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチの獲得を諦めておらず、インテルの要求額近くにまでオファーを引き上げることも検討しているようだ。英紙『ミラー』が12日付で伝えた。

 以前からペリシッチを補強のターゲットとしていることが報じられ続けてきたユナイテッドだが、インテルはオファーに応じず。先日にはユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も、「インテルは彼らにとって重要である選手をよく守った」とコメントし、ペリシッチの獲得が失敗に終わったことを認める様子を見せていた。

 だが『ミラー』によれば、ユナイテッドのエド・ウッドワードCEOはペリシッチの代理人との交渉を再開したとのこと。インテルに対しては、4800万ポンド(約67億8000万円)という移籍金の要求額に近い金額を提示することになるとみられている。

 この夏の移籍市場で4人の新戦力を加えたいと話していたモウリーニョ監督は、DFビクトル・リンデロフ、FWロメル・ルカク、MFネマニャ・マティッチを獲得したことで「要望の75%が叶えられた」と話していた。最後の1つのピースとしてペリシッチを加え、100%の補強を完了することができるだろうか。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索