DMM、ベルギー1部クラブの経営権取得を発表。小野裕二古巣のSTVV

DMM、ベルギー1部クラブの経営権取得を発表。小野裕二古巣のSTVV

 サービス事業大手のDMMグループは15日、ベルギー1部のリーグのシント=トロイデン(STVV)を運営する株式会社STVVの経営権を取得したことを発表した。

 DMMは今年6月にSTVVの株式の25%取得を発表。その後約半年を経て、株式100%の取得が合意に達したとのことだ。

 DMM広報によれば、現在のチーム体制に大きな組織変更を加える予定はないとのこと。同グループのネットワークを駆使してクラブの発展に取り組むとともに、「日本とベルギーをつなぐ橋渡し」として、スポーツ以外も含めた国際交流を進めていくことを見込んでいるという。

 1924年設立から93年間の歴史を誇るシント=トロイデンは、近年では2015年に1部リーグに昇格。2015/16シーズンはレギュラーシーズン13位、16/17シーズンは同12位で1部残留を果たし、今季は14節終了時点で4位と躍進している。

 2015年夏から今年1月までは、日本のFW小野裕二(現サガン鳥栖)も在籍していた。DMMの経営権取得により、今後も同クラブで日本人選手がプレーする可能性が高まってくるかもしれない。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索