レスター攻撃陣、枠内シュート「ゼロ」。マンCの圧倒的な強さの前にひれ伏す

レスター攻撃陣、枠内シュート「ゼロ」。マンCの圧倒的な強さの前にひれ伏す

 現地時間18日にプレミアリーグ第12節の試合が行われ、レスター・シティは首位のマンチェスター・シティをホームに迎えて対戦し0-2の敗戦を喫した。試合内容から見ても、マンチェスター・シティに圧倒された展開となった。

 試合開始して45分には、完璧なパス回しから守備を崩されガブリエル・ジェズスに先制点を決められる。続く49分には、カウンターから一気に攻め込まれケビン・デ・ブルイネに追加点を決められた。レスターは圧倒的におされ、為す術もなく完敗を喫した。

 英メディア『BBC』が公開しているデータによると、レスターのボール保持率が25%だったのに対し、マンチェスター・シティは75%だったという。また、レスターは2本しかシュートを打てず、枠内シュートは0本。マンチェスター・シティに12本のシュートを打たれる展開となり、そのうち4本の枠内シュートで2点を決められたとのこと。好調維持するマンチェスター・シティの勢いが、そのまま試合にあらわれた形となった。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索