バルサMF、ブッフォンに同情し「僕の代わりにW杯へ」。その返答は…

バルサMF、ブッフォンに同情し「僕の代わりにW杯へ」。その返答は…

 バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、W杯出場を逃したイタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンに同情の意を述べた。スペイン紙『アス』が伝えた。

 先日行われたロシアW杯欧州予選のプレーオフで、イタリア代表はスウェーデン代表に合計スコア0-1で敗北。60年ぶりのW杯出場を逃したとともに、長年チームを支え続けたGKジャンルイージ・ブッフォンが代表引退を表明するなど、悲劇的な結末となった。

 現地時間22日、チャンピオンズリーグ第5節でユベントスとの対戦を控えているバルセロナのラキティッチは、試合前日に会見に臨み、対戦相手でもあるブッフォンへメッセージを残している。

 「もし僕がブッフォンにサッカーのことで何か説明をしなければならないとするなら…それは難しいことだ。僕の立ち位置を彼に与えたい。そして僕の代わりにW杯へ行ってほしいと言いたいよ。子供が紙に自分のサッカーチームを書く時、キーパーにはブッフォンを選ぶ。だから、ブッフォンの涙を見ると誰もが泣きそうになるんだ。その感情を説明するには言葉が足りないよ」

 これに対し、ブッフォンは自身のツイッターアカウントにてジョークを交えた返答をしている。

 「親愛なるラキティッチへ。キーパーとしてならまだプレーできるけど、クロアチアのために中盤の選手として君の代わりにプレーするのはいいアイディアとはいえないな。これは君のために言っているんだ。冗談は置いといて、君の言葉は素晴らしいプレゼントだった。ありがとう」

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索