ゴール欠乏症のレアル、冬にアーセナルFW獲得で“禁断の移籍”実現か

ゴール欠乏症のレアル、冬にアーセナルFW獲得で“禁断の移籍”実現か

 ゴール不足に苦しむレアル・マドリーが、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に照準を合わせているようだ。英紙『Tribal football』が伝えた。

 レアル・マドリーは今季、国内リーグで7勝3分け2敗の勝ち点24で3位に甘んじており、得点数もリーグ5位と例年のようにはいっていない。エースのFWクリスティアーノ・ロナウドやFWカリム・ベンゼマら点を取るべき選手がわずか1得点しか取れていない現状がそれに大きな影響をおよぼしている。

 そこで同紙によると、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が以前からコンタクトを取り続けてきたサンチェスの獲得を目指しており、早ければ冬の移籍市場には交渉に動くようだ。

 一方、来年6月でクラブとの契約を解除するサンチェスは、マドリー側に2つの要求をしている。1つ目は、マドリーのBBCトリオ(カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)のバックアップ要員としてではなく、レギュラー選手としてチームに加入すること。2つ目は、現在アーセナルで受け取っている給料よりも高額の年俸で契約することだ。これらの要求が満たされれば移籍実現の可能紙も高まるという。

 かつては、2011年から2014年までの3年間バルセロナでプレーした経験のあるサンチェスだが、最大のライバルであるレアル・マドリーへの“禁断の移籍”は現実となってしまうのだろうか。

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索