紆余曲折経てたどり着いた日本代表の座。昌子源、雑草魂胸に秘め、いざ韓国戦へ

紆余曲折経てたどり着いた日本代表の座。昌子源、雑草魂胸に秘め、いざ韓国戦へ

大一番の韓国戦。零封求められる守備陣

 16日に日本代表はE-1選手権優勝をかけ韓国代表と対戦する。勝てば2大会ぶりの優勝が決まる日本。ゲームキャプテンも務めたDF昌子源にとっては、タイトル獲得だけではなく、ロシアW杯で定位置を確保するためにも大事な韓国戦になりそうだ。(取材・文:元川悦子)

——————————

 16日の韓国戦(東京・味の素)で、E-1選手権2大会ぶりの優勝に挑む日本代表。大一番を翌日に控えた15日、彼らは非公開で調整し、韓国対策を入念にチェックした。

 公開された冒頭15分間では、12日の中国戦で右太ももを打撲し、前日まで別メニュー調整だった伊東純也(柏)も参加。強度の高いウォーミングアップもこなしていて、プレー可能になった様子だ。本人も出場を熱望しており、前回同様、右FWで先発しそうな雲行きだ。となれば、左に阿部浩之(川崎)か土居聖真(鹿島)、トップに小林悠(川崎)という3枚が有力視される。

 中盤は中国戦で圧巻のパフォーマンスを見せた今野泰幸と途中出場ながらチームに勢いをもたらした井手口陽介のガンバ大阪コンビの先発が確実。もう1枚は中国戦で小林の先制弾の起点となるパス出しを見せた倉田秋(G大阪)が入るだろう。今野をアンカーに置く逆三角形か、今野と井手口がボランチに並ぶ三角形かは微妙だが、日頃からともにプレーする彼らのコンビネーションが日本代表の力になるはずだ。

 そして守備陣だが、中国戦で潜在能力の高さを示した植田直通(鹿島)の右サイドバック連続起用の確率が高まった。センターバックは中国戦で落ち着きを見せた三浦弦太(G大阪)とキャプテンマークを巻く昌子源(鹿島)、左に負傷の癒えた車屋紳太郎(川崎)が戻ってくる見通し。

 そしてGKには22歳の若き守護神・中村航輔(柏)が陣取るだろう。いずれにしても、彼らのポイントは196㎝の長身FWキム・シンウク(全北現代)とJリーグで実績のあるイ・グノ(江原FC)をどう封じるか。高さと速さのある2人の点取り屋を完封するためにも、日本守備陣にはこれまで以上の緻密な連係とコミュニケーションが求められる。

 リーダー・昌子にとってこの大一番は、単に東アジア王者を狙うだけでなく、ロシア本大会でレギュラーを手にするための大きなハードルだ。10月のニュージーランド(豊田)・ハイチ(横浜)2連戦で槙野智章(浦和)に定位置を奪われた男にとって、韓国戦で相手を零封できなければ、仮にロシアへ行けたとしてもベンチに座る日々を強いられる。それだけは絶対に避けたいと本人も強く思っているはずだ。

「連係面も戦術も向こうの方が理解度が高いかもしれないと(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督も言っていた」と昌子も認める通り、韓国が難敵なのは間違いない。90分の戦いの中には数々の苦しみも伴うだろう。それでも、この男は多少の苦労があってもへこたれない。25年の人生も紆余曲折の連続で、それを力強く乗り越えてきたからだ。

人生を変えた高校時代

 遡ること中学時代。昌子は中2の終わりにガンバ大阪ジュニアユースをやめた経験がある。地元の中学が荒れていたうえ、ガンバでも難しい環境に直面。次第に練習から足が遠のいたのだ。宙ぶらりんだった中3の前半は素行不良も見受けられ、両親から怒鳴られることもあったが、本人は「サッカーなんかやらん」と言い続けた。

 そんな少年が心変わりしたのは、米子北高校の入学案内を見たこと。

「これ、メッチャええやん」と目を輝かせた昌子は、母・直美さんと連れ立って学校見学に出かけた。父・力さんの大学の後輩に当たる中村真吾コーチ(現監督)から「練習参加しないか」という誘いが届いていたが、本人は「絶対にサッカーはせえへん」と頑ななままだった。ところが、学校に着いて先輩から誘われると態度が一変。喜んでグランドへ飛び出していく。秘めていたサッカーへの情熱があふれ出た彼は再びボールを蹴るようになったという。

 大型FWとして入学した米子北時代は高1の途中でDFにコンバートされた。城市徳之監督(現総監督)から「DFをやれ」と言われた本人は嫌でたまらなかったが、高2夏の高校総体で水戸商と対戦した際、たまたまやま視察に訪れた鹿島の椎本邦一スカウトの目に留まった。プロ入りを真剣に考えた本人に対し、関西大学サッカー1部・姫路獨協大学監督を務める父は反対。家族会議や親子会談も開かれたが、「どうしても鹿島で勝負したい」と強い意思を示したことで、親が折れる形になった。

 一度決めたら突き進む……。それが、昌子源の生粋のメンタリティなのだろう。
 2011年のプロ入り後も2年間は試合に出られず、チャンスをつかんだ3年目には右ひざ外側半月板損傷で全治4ヶ月という重傷を負ってしまう。

「外から客観的にサッカーを見ることで知識を増やせ」という父の教えを糧にケガを乗り越えた翌2014年、背番号3の先輩・岩政大樹(東京ユナイテッド)がチームを去った。「お前の潜在能力は非常に高い。鹿島を背負って立つセンターバックになれる」という力強い激励を受けた昌子は一気に存在感を高め、同年4月のアルベルト・ザッケローニ監督の国内組代表合宿に初招集されるまでになった。

韓国とのガチンコ勝負へ。サッカー人生問われる正念場

 ハビエル・アギーレ監督体制でも断続的に招集されたが、出場機会はなし。初キャップは2015年3月のウズベキスタン戦(東京・味の素)までずれ込んだ。植田の丸3年までは行かなかったが、代表デビューまで1年、定着まで3年以上の月日を要するのは、やはり選手としては辛いものがある。

 けれども、本人は「センターバックは30歳くらいで完成形に近づいていく。自分はまだまだ若い」と長い目で物事を見ることを忘れなかった。こういった落ち着きも紆余曲折を経てきたからこそ養われた。「人生は挫折の連続。そういう中でも最後に勝つのは諦めずに続けた人間」と本田圭佑(パチューカ)も口癖のように言っているが、昌子からもガンバの先輩と同じような匂いが漂ってくる。

 韓国とのガチンコ勝負を勝ち抜こうと思うなら、こうしたタフさと粘り強さが必要不可欠。キャプテンマークを巻く人間であれば、なおさらだ。

「チーム全員が今ちゃん(今野)を(キャプテン)適任者だと思ってる」と昌子は謙遜していたが、この男も十分に、チームを鼓舞できる器を備えている。センターバックとしても、196㎝のキム・シンウクが相手だろうが、絶対に負けられない。世界に出ればもっと高いFWはいるのだ。

「単純にヘディングで俺が勝てるかって言ったら、10回中1回勝てるかどうかも分からんし、僕のヘディングボールが向こうは胸かもしれないけど、守り方はあるし、最低限何かをさせないことはできる。僕は正直、高さはあんまり得意じゃないけど、頭を使って対応したいですね」と本人も闘志をのぞかせた。

 今回の日韓戦は激動のサッカー人生が問われる正念場。雑草魂を胸に秘めた背番号3がロシアの主力へと成りあがっていく姿をぜひとも見せてほしいものだ。

(取材・文:元川悦子)

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索