武藤嘉紀、スーパー無回転弾&逆転弾の2発で今季8点目! 2戦連発弾で7戦ぶり勝利貢献

武藤嘉紀、スーパー無回転弾&逆転弾の2発で今季8点目! 2戦連発弾で7戦ぶり勝利貢献

【マインツ 3-2 シュトゥットガルト ブンデスリーガ第19節】

 現地時間20日にブンデスリーガ第19節の試合が行われ、マインツはシュトゥットガルトをホームに迎えて対戦。

 前節ゴールを決めたマインツ所属の武藤嘉紀は引き続きスタメン出場を果たす。一方、シュトゥットガルトに所属する浅野拓磨はベンチスタートとなった。試合開始して4分、ロビン・クアイソンからパスを受けた武藤に決定的なチャンスが訪れるが、シュートはGKロン・ロベルト・ツィーラーに阻まれゴールならず。

 すると19分、シュトゥットガルトのフリーキックからゴール前の混戦でオウンゴールしてしまい相手に先制点を決められた。それでも42分、クロスボールにスアト・セルダルが頭で合わせて同点ゴールを決める。

 しかし、直後に主審がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で映像を確認しノーゴールの判定を下した。スローインを受けたセルダルがハンドしていたため。それでも前半終了間際、武藤が豪快な無回転シュートを放ち今度こそ同点ゴールを決めた。

 さらに54分、味方からパスを受けた武藤がシュートを放つ。GKツィーラーに弾かれたが、倒れながらも武藤が押し込みマインツが逆転に成功。今季公式戦8点目となっている。64分にはゲリット・ホルトマンが豪快なシュートを放ち、GKツィーラーが触るも弾き出すことが出来ずマインツに3点目が入った。

 後半アディショナルタイムにシュトゥットガルトのダニエル・ギンチェクにゴールを決められるも、結局武藤の活躍によりマインツは3-2の逆転勝利をおさめている。リーグ7試合ぶりの勝利となった。

【得点者】
19分 0-1 オウンゴール(シュトゥットガルト)
45分+2分 1-1 武藤(マインツ)
54分 2-1 武藤(マインツ)
64分 3-1 ホルトマン(マインツ)
90分+1分 3-2 ギンチェク(シュトゥットガルト)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索