26年W杯、初の北米3ヶ国共催に

2026年W杯開催地が決定。アメリカ・メキシコ・カナダの北米3ヶ国共催 

2026年W杯開催地が決定。アメリカ・メキシコ・カナダの北米3ヶ国共催 

 13日にモスクワで開催された国際サッカー連盟(FIFA)総会において、2026年FIFAワールドカップ開催地を決定する投票が行われ、アメリカ・メキシコ・カナダの3ヶ国による共同開催が決定した。招致委員会の公式ツイッターなどが発表している。

 2026年ワールドカップの開催地にはアメリカを中心とした北米3ヶ国の共催と、モロッコの単独開催が立候補。13日に開催地を決定する投票が行われ、134票を獲得した北米3ヶ国が65票のモロッコを上回った。

 アメリカでの開催は1994年大会に続いて32年ぶり、メキシコでの開催は1970年、86年大会に続いて40年ぶり。ワールドカップが複数の国で共催されたのはこれまで2002年日韓大会が唯一の例だったが、2度目の共催であり、3ヶ国共催は初となる。

 14日に開幕する2018年ロシア大会に続いて、2022年大会はカタールで開催。2026年大会からは参加チーム数が現在の32チームから48チームに拡大されることが決定されている。

今日のニュースまとめ

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索