ポルトガル、「戦術:C・ロナウド」で頂点へ。堅実な智将が抱える頭痛の種とは【ロシアW杯注目国分析】

ポルトガル、「戦術:C・ロナウド」で頂点へ。堅実な智将が抱える頭痛の種とは【ロシアW杯注目国分析】

「戦術:C・ロナウド」の集大成をロシアで

<div class="photo_zu">

<a href="https://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/06/20180615_cristiano_getty.jpg"><img src="https://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/06/20180615_cristiano_getty-230×153.jpg" alt="クリスティアーノ・ロナウド" width="230" height="153" class="alignnone size-medium wp-image-274586" /></a>
欧州王者としてワールドカップに臨むクリスティアーノ・ロナウドは世界の頂点も極められるか【写真:Getty Images】

</div>

【ポルトガル代表】
FIFAランキング:4位(2018年6月)
監督:フェルナンド・サントス(2014年9月〜)
最高成績:3位(1966年イングランド大会)
欧州予選グループB 1位通過

 2年前に欧州制覇を成し遂げたポルトガル代表は、当時のチームのベースを失わず、さらにスケールアップしてロシアワールドカップに臨もうとしている。

 絶対的エースのクリスティアーノ・ロナウドは健在で、今季はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げるなど充実のシーズンを過ごした。よりストライカーとしての特徴が際立つようになったスーパースターが攻撃の柱であることに変わりはない。

 C・ロナウドは母国のEURO優勝に大きく貢献したが、フランス代表との決勝戦は前半途中で負傷交代を余儀なくされ、悔しさも残ったはず。ワールドカップでは同じ轍を踏むまいと万全の状態を整え、世界制覇に燃えているはずだ。

 そして、ポルトガル代表の戦術は「C・ロナウド」なのである。4-4-2をベースに、攻撃に転じれば真っ先に最前線の背番号7にボールを届けるためのチーム作りがなされている。そこに2トップの相方であるアンドレ・シウバや、マンチェスター・シティで揉まれてスケールアップを遂げた右ウィングのベルナルド・シウバ、1月に移籍したウェストハムで復調したジョアン・マリオ、円熟味を増したセントラルMFのジョアン・モウチーニョらが絡んでゴールに襲いかかる。

 他方、一抹の不安を残すのが守備陣だ。センターバックでコンビを組むことが予想されるぺぺとジョゼ・フォンテはそれぞれ35歳と34歳で、後者はEURO以降パフォーマンスの低下が否めない。控えの一番手であるブルーノ・アウヴェスも強靭な肉体こそ健在とはいえ35歳で、ベンフィカで台頭した21歳のルベン・ディアスも5月末にA代表デビューを飾ったばかりと経験不足が懸念される。

 EUROでは守備的なアプローチで粘り強く戦った末に頂点に立ったが、今年3月のオランダ戦では3失点して0-3の完敗。ルベン・ディアスのデビュー戦だった先月末のチュニジア戦でも2-2と、必ずしも守備が安定しているとは言い難い。

 フェルナンド・サントス監督は、ロシアワールドカップに向けて2年前のEUROに近い守備的な戦い方を選択する方針で、センターバックがアキレス腱になることも考えられる。

 ともあれ全てはグループリーグ初戦のスペイン戦。この試合の結果しだいで状況は大きく変わる。イランやモロッコも侮れない曲者であることは確かで、スペインに敗れてチームに動揺が走り、自信を失うようなことがあれば困難な闘いを強いられるだろう。

 指揮官は今月7日のアルジェリア戦を終えた後、「ポルトガルはワールドカップに参加するために来ているのではなく、全ての試合に勝つためにいる」とチームやファンに結束を訴えた。欧州王者の自信と誇りを胸に、ロシアで狙うは世界一の称号だ。

<div class="nextpage">【次ページ】<a href="./2/">注目はWシウバ。スポルティング勢の精神面は…</a></div>
<!–nextpage–>

注目はWシウバ。スポルティング勢の精神面は…

<div class="photo_zu">

<a href="https://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/06/20180615_silva_getty.jpg"><img src="https://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/06/20180615_silva_getty-230×153.jpg" alt="アンドレ・シウバ ベルナルド・シウバ" width="230" height="153" class="alignnone size-medium wp-image-274587" /></a>
アンドレ・シウバ(左)とベルナルド・シウバ(右)の2人が攻撃に厚みを加える重要なピース【写真:Getty Images】

</div>

ノルマ:ベスト8
目標:優勝

 大黒柱のC・ロナウドは言わずもがな。彼の活躍がポルトガルの浮沈を決定づける。とはいえ、エースだけでワールドカップを勝ち抜くことはできない。

 背番号7をサポートするキャストも重要だ。そして、それはEURO優勝以降に台頭した若い選手たちの存在によってクオリティアップを遂げている。注目はアンドレ・シウバとベルナルド・シウバの「Wシウバ」だ。

 アンドレ・シウバはポルトからミランへ移籍した今季、新天地への適応に時間を要し、国内リーグではわずか2ゴールと苦しんだ。それでもヨーロッパリーグではチーム最多の8ゴールを叩き出し、大舞台での勝負強さを見せつけている。

 クラブでは1トップも務める屈強なストライカータイプのアンドレ・シウバは、代表になるとC・ロナウドのサポートという役割でハードワークを求められる。だが、高いシュート技術や足元のテクニックで攻撃の重要ピースとして機能できる器用さも併せ持っている。

 ベルナルド・シウバはマンチェスター・シティで一皮も二皮も剥けた。もとより評価の高かったドリブルでの崩しに加え、周囲との連係を駆使した局面打開に磨きをかけ、戦術的な幅広さを会得。ゴールもアシストも自在の万能アタッカーへと飛躍した。

 一方、スポルティングCP所属選手の精神状態はフェルナンド・サントス監督の頭痛の種となっているかもしれない。ポルトガル国内屈指の強豪クラブでは5月にサポーターによる練習場襲撃事件が起き、その被害を受けた多くの選手が契約解除を申し出た。フロントとの亀裂も埋めがたいところまで広がっている。

 ポルトガル代表では不動の守護神ルイ・パトリシオ、中盤の守備を一手に担うウィリアム・カルバーリョ、技巧派MFのブルーノ・フェルナンデス、快足ウィングのジェルソン・マルティンスが、所属するスポルティングCPで騒動の渦中にいる。ルイ・パトリシオはすでに退団を表明し、他の3選手も契約解除による退団が濃厚だ。

 所属クラブとの問題を抱える選手たちの不安定な精神状態が、ワールドカップに臨む代表チーム全体に影響しかねない。優勝を目標とするチームが一丸となって大会に集中できるかは、ポルトガル代表を見るうえでの1つの注目ポイントだろう。

(文:編集部)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索