スペインが陥ったカオス。開幕直前の監督解任、無敵艦隊の航海は波乱必至【ロシアW杯注目国分析】

スペインが陥ったカオス。開幕直前の監督解任、無敵艦隊の航海は波乱必至【ロシアW杯注目国分析】

ロペテギ監督解任という激震

 いよいよ開幕を迎える2018FIFAワールドカップロシア。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続けている中、本大会を前に注目国の状況をチェックする。開幕直前に監督解任が行われたスペイン代表。(文:編集部)

——————————

FIFAランキング:10位(2018年6月)
監督:フェルナンド・イエロ(2018年〜)
11大会連続15回目の出場
最高成績:優勝(2010年南アフリカ大会)
欧州予選グループG 1位通過

 ロシアワールドカップに臨む各国代表監の中で、就任から最も日が浅いのは日本代表の西野監督かと思いきや、そうはならなかった。

 2大会ぶりの世界制覇を目指す無敵艦隊スペインだが、フレン・ロペテギ監督が開幕直前に解任となったことで荒波の中の航海を強いられそうだ。

 レアル・マドリーが、来季の新監督にロペテギが就任すると発表したのは12日のこと。ジネディーヌ・ジダンのもとでチャンピオンズリーグ3連覇の偉業を成し遂げたマドリー。元フランス代表スターの退任により、新監督選びが急務となっていた。マドリーの指揮をとること自体が大きな重圧を伴うというのに、伝説を作った男の後任となると・・・

 そんな途方もなく難儀な仕事をロペテギは引き受けた。それだけの器であるということだが、この時期に発表されたことスペイン代表は混乱に陥った。

 そして13日、スペインサッカー連盟(RFEF)はロペテギを解任し、同国のレジェンドでマドリーOBのフェルナンド・イエロを後任に据えた。

 スペイン代表がワールドカップでどのような姿を見せるのかは全く予想できない。ただ、激震が走るまでの歩みは順風満帆だった。

優勝候補だが、一枚岩になれなければ・・・

ノルマ:ベスト16
目標:優勝

 スペインは、苦い経験を糧にパワーアップした。時代の流れに逆らわず、しかし迎合することなく前進している。

 10年前、スペインは一時代を築いた。シャビ、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガス、ダビド・シルバによるクアトロ・フゴーネス(4人の創造主)を擁したチームはEURO2008で優勝し、伝説となった。

 そして、2010年南アフリカワールドカップでも頂点に立つ。その2年後のEURO2012は大会連覇を果たし、最強の名声を独り占めした。

 主体的にボールを動かしゴールに迫る“ティキタカ”で相手を圧倒。警戒が強まれば強まるほど、面白いように網を破ってみせる。技術に長けた選手たちの共演は観る者を魅了し、踊るように世界の頂点へと駆け上がっていった。

 だが、栄光は永遠には続かない。2014年、ワールドカップ連覇を目指して意気揚々とブラジルに乗り込んだスペイン代表は、進化したフットボールに飲み込まれ、グループリーグ敗退を余儀なくされた。

 この大会のトレンドは平たく言えば堅守速攻。パワーとスピード、合理性を融合したスタイルにスペインは成す術がなかった。ブラジルの地には、優雅に踊る舞台など用意されていなかった。続くEURO2016では決勝トーナメントに駒を進めたものの、ベスト16に終わっている。

 それでも、光が差し込むのも早かった。ロペテギの監督就任を機に、スペインは再び立ち上がった。イスコ、コケといった面々をチームに加え、新陳代謝を図るとチームは復活。“ティキタカ”というアイデンティティはそのままに、より隙のない集団へと変貌を遂げた。

 ロシアワールドカップ・ヨーロッパ予選ではイタリアと同組となったが、スペインにとっては問題ではなく、9勝1分と危なげなく本大会へのチケットを手にした。

 2018年、ワールドカップイヤーを迎えても強さはそのまま。慢心も見られず、アルゼンチンとの親善試合では6-1と躍動した。ロシアの地で2大会ぶりの優勝を目指すスペインだが、頂点に最も近いチームの一つと言えるだろう。

 世界最高レベルの陣容を誇るのは間違いない。GKのダビド・デ・ヘアの守るゴールは簡単には割れないだろう。セルヒオ・ラモスとピケのセンターバックも強固で巧みだ。

 ヴィッセル神戸への加入が決まっているイニエスタはスペイン代表でのキャリアの集大成を迎える。今夏から世界一の選手をJリーグで見られる。夢のような話だ。

 イスコはこのチームの象徴的存在で、現代サッカーに適応したファンタジスタ。速攻で力を発揮するジエゴ・コスタはチームのアクセントとなる。ブラジル大会では完全に組み込めずに足枷になっていたが、4年の時を経てラ・ロハの頼れるストライカーとなった。彼がいることで、攻撃のバリエーションと速さを手にした。

 実力的には優勝候補の一角だが、監督解任によるカオスにどう立ち向かうかが重要になる。イエロ新監督のもと一枚岩になれなければ、あっけない結末も覚悟しなければならない。

(文:編集部)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索