VAR導入で増えるPK、早くも前回大会超え。大会記録更新ペース【ロシアW杯】

VAR導入で増えるPK、早くも前回大会超え。大会記録更新ペース【ロシアW杯】

 現在開催中のロシアワールドカップでは、記録的なペースでPKの判定が出ている。現地時間23日の韓国対メキシコの一戦で、前回大会のPK数を超えた。

 今回のワールドカップでは、決定的な場面での際どいジャッジを確認するため、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が用いられている。その影響もあり、大会序盤からPKは多くなった。

 2014年のブラジルワールドカップでは、大会全体で13回のPKがあった。それに対して、ロシアワールドカップではグループリーグ第2節ですでに14回PKの判定となっている。

 22日のブラジル対コスタリカでネイマールが倒れたシーンのように、主審がPKを取ったあとでVARにより判定が覆るケースもあったが、全体的にPKが増加していることは間違いない。

 なお、ワールドカップ一大会での最多PKは18回。このペースで行けば、この記録を塗り替える可能性は高そうだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索