長友佑都、同点弾の本田を絶賛。「W杯に愛された男じゃないですか」【ロシアW杯】

長友佑都、同点弾の本田を絶賛。「W杯に愛された男じゃないですか」【ロシアW杯】

【日本 2-2 セネガル ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節】

 現地時間24日にロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節の試合が行われ、日本はセネガルに2-2で引き分けた。

 左サイドバックとして先発フル出場を果たした長友佑都は「これだけ強いセネガル相手に2回追いついたっていうのは自分たちも自信を持っていいのかなと思います。相当強いチームだったんでね。それでもいい形でチャンスも作れたし、自分たちで主導権を握りながらサッカーができたんじゃないかなと思います」とセネガル戦を振り返っている。

 乾貴士の同点ゴールの場面は、相手の裏を取った長友が柴崎岳からのロングボールを受けたことが一つの起点となった。背番号5は「もうずっと言ってましたから。練習でもそうだし、試合前にも、もうずっと言ってました。あそこを見てくれって。あのサイドバックの裏っていうのは絶対に狙えるからっていう。だから何度も走り続けたし、何度も狙い続けた。結果、ああやっていいパスが来て、得点につながった。貴士がすごいいいシュートを決めてくれました」と狙い通りであったと話す。

 また、「ちょっとトラップが大きすぎたっていう部分はあったんだけど、それはもう体幹で思いっきりねじ伏せたっていうか。あれ普通ブレるところなんだけど、ぎゅっと体をねじってそのまま相手選手よりも前に行けた。先にボールに触れたっていうのは今までの体幹とか、そういうトレーニングの積み重ねがそこで出てくれたんじゃないかなと思います」と長友が欠かさず行ってきたトレーニングの成果が発揮できた場面でもあった。

 最後に、本田圭佑の同点ゴールについての感想を問われた長友は「もう格別でしたよ。おっさん連中が叩かれ続けたんで、あれは岡崎(慎司)が前でつぶれて圭佑に転がって、そういうベテラン選手たちが得点してくれたっていうのは、自分のことみたいに嬉しいですよ」とコメント。3大会連続でアフリカ勢から得点を奪った本田については「やっぱ持ってますよね。彼はもうワールドカップに愛された男じゃないですか。そう思います」と絶賛している。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索