日本代表DF遠藤航、浦和からベルギーへ完全移籍。関根貴大らと同僚に

日本代表DF遠藤航、浦和からベルギーへ完全移籍。関根貴大らと同僚に

 J1の浦和レッズは21日、同クラブに所属する日本代表DF遠藤航がベルギー1部のシント=トロイデンVV(STVV)へ完全移籍することが基本合意に達したとして発表を行った。

 現在25歳の遠藤は2011年に湘南ベルマーレユースからトップチームに昇格。湘南での5シーズンを経て2016年に浦和へ移籍し、2年半で公式戦102試合に出場していた。2015年には日本代表にもデビューし、ロシアワールドカップ本大会のメンバーにも選出された。

「ファン・サポーターのみなさんには突然の報告になってしまい申し訳ありません。個人的にさまざまな思いがある中で決断させていただきました」と遠藤はクラブ公式サイトでコメント。「みなさんとは悔しい思いも多くしましたが、このチームでルヴァンカップ、ACL優勝を経験し、浦和レッズに関わるすべてのみなさまと喜びを分かち合えたあの歓喜の瞬間は忘れません」と別れの言葉を述べている。

 ワールドカップ後のJ1再開初戦となった18日の名古屋グランパス戦では遠藤はセットプレーからのヘディングで2ゴールを挙げ、3-1の勝利に大きく貢献していた。22日にアウェイで行われるセレッソ大阪戦が浦和でのラストマッチになるとのことだ。

 STVVは昨年11月に日本企業のDMMが経営権を取得した“日本資本”クラブ。今年1月にアビスパ福岡から移籍したU-21日本代表のDF冨安健洋が在籍するほか、今月10日にはドイツ2部のインゴルシュタットからのレンタルで元浦和のMF関根貴大が加入することも発表された。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索