今季2点目の宮市亮、負傷からの復活を喜ぶ。「痛みなくピッチに立てるのが幸せ」

今季2点目の宮市亮、負傷からの復活を喜ぶ。「痛みなくピッチに立てるのが幸せ」

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第17節の試合が現地時間15日に行われ、ザンクト・パウリがグロイター・フュルトにホームで2-0の勝利を収めた。ザンクト・パウリのFW宮市亮は1ゴールを記録している。

 3試合連続の先発で出場した宮市は、1-0で迎えた69分に追加点を記録。左サイドからのクロスに飛び込み、ヘディングで叩きつけたボールをゴールへ押し込んだ。

 宮市はキャリアを通して負傷に苦しみ、昨季は1年間プレーすることができなかった。だが9月に約1年4ヶ月ぶりの実戦復帰を果たしたあと、ここ最近は継続してプレーすることができており、先発に起用される試合も増えている。クラブ公式サイトは試合後の宮市の喜びのコメントを伝えている。

「負傷を乗り越えて、今は痛みもなく問題もなくピッチに立てることをすごく幸せに感じています。数ヶ月前には考えられなかったことです。次はマグデブルク戦に集中しています」と宮市は語った。

 この勝利で6試合負け無しとなったザンクト・パウリは4位に位置し、昇格圏への浮上を窺っている。次節は22日にホームでマグデブルクと対戦する。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索