武藤所属のニューカッスル、アジアカップ参加中のイラン代表DFにオファーか?

武藤所属のニューカッスル、アジアカップ参加中のイラン代表DFにオファーか?

 日本代表FW武藤嘉紀が所属するイングランド・プレミアリーグのニューカッスルがアジアカップに参加中のイラン代表DFミラド・モハマディーにオファーを出したと英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の21日に報じた。

 モハマディーはロシア1部のテレク・グロズヌイに所属する25歳で、アジアカップではグループリーグ第3節のイラク戦、決勝トーナメント一回戦のオマーン戦に先発フル出場している。

 ニューカッスルは主に左サイドッバクとしてプレーするモハマディーを、負傷離脱中のウェールズ代表DFポール・ダメットの代替要因として獲得を狙っているようだ。現在、左のウィングバックではMFマット・リッチーが、4バック時にはDFハビエル・マンキージョが起用されているが、指揮官ラファエル・ベニテスは本職の左サイドバック獲得を熱望しているようだ。

 また、現地時間の19日に行われたカーディフ戦後にベニテス監督は「ダメットが負傷離脱していて、このポジションの問題を解決しなければいけない。また、我々は3年間、左サイドバックを探し続けてきた」と話したと同メディアは伝えている。

 3年間も捜し求めてきた左サイドバックとして、モハマディーを獲得することができるのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索