アーセナル、ユベントスが保有するU-21伊代表GKをチェフの後釜候補に?

アーセナル、ユベントスが保有するU-21伊代表GKをチェフの後釜候補に?

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルは15日に現役引退を表明した元チェコ代表GKペトル・チェフの後釜候補としてイタリア・セリエAのユベントスからサンプドリアに期限付きで移籍中のU-21イタリア代表GKエミル・アウデーロの獲得を狙っていると英メディア『デイリー・ミラー』などが現地時間の22日に報じた。

 ユベントスの下部組織出身のアウデーロは2014年にトップチーム入りするも、3年間で1試合のみの出場だった。だが、2018年に現ボローニャ指揮官フィリッポ・インザーギに才能を買われ、ヴェネツィアでセリエBの38試合に出場した。そして、今季からサンプドリアに期限付きで移籍し、開幕からセリエAで20試合に出場している。

 若きイタリアの守護神にアーセナルがチェフの後釜として、獲得に興味を示しているようだ。現在、期限付きでサンプドリアに加入しているアウデーロは今季限りでユベントスとの契約が切れ、フリーで獲得できる。

 現在、ベルント・レノが守護神として君臨しているが、アーセナルは新守護神候補としてアウデーロを獲得するのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索