アーセナル、スペイン代表DFの今季終了を発表。負傷により最大9ヶ月の長期離脱

アーセナル、スペイン代表DFの今季終了を発表。負傷により最大9ヶ月の長期離脱

 アーセナルが22日、チームに所属する23歳のスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが、前十字じん帯断裂により6〜9ヶ月離脱すると正式発表した。

 現地時間19日に行われたプレミアリーグ第23節のチェルシー戦でベジェリンは先発出場。しかし72分、膝を負傷し担架に乗せられてピッチから去っていた。クラブの発表によると、数日以内に手術を受けるという。そして、6〜9ヶ月の長期離脱が見込まれるようだ。

 ベジェリンは今季公式戦19試合に出場し5アシストを記録。右サイドバックの主力として活躍していたが、負傷により今季終了へ。それだけでなく、来季にも影響しそうだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索