バルサ新加入のボアテング、移籍を喜ぶ。「飛行機がなかったら走ってでも向かった」

バルサ新加入のボアテング、移籍を喜ぶ。「飛行機がなかったら走ってでも向かった」

 バルセロナに移籍が決まったケヴィン=プリンス・ボアテングが新天地で大きな目標を掲げた。
 
 現地時間22日、入団会見に臨んだボアテングは「俺は全て獲得するためにここに来た」と抱負を語った。バルセロナ移籍を「一つの夢」と表現した31歳は「バルセロナ行きの飛行機がなかったら走ってでも向かっただろう」と独特な言い回しで喜んだ。

「スタメンでプレー出来る選手ではないことは分かっている。でも俺の経験はチームを助ける事が出来る」と話すボアテングには前所属先のサッスオーロでプレーしていたFWのポジションでの起用が予想されている。「FWは俺にとってパーフェクトな役割だ」と自信を持っているようだ。

 バルセロナはボアテングを今季終了までのレンタル移籍で獲得したが800万ユーロ(約10億4000万円)の買い取りオプションを行使する事も可能だ。「このクラブに長く留まる事を望んでいる」と話すボアテングはプレーで自らの存在価値を見せる事が出来るだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索