仏代表DF、前倒しで今冬にバイエルン移籍か。シュトゥットガルト側は否定

仏代表DF、前倒しで今冬にバイエルン移籍か。シュトゥットガルト側は否定

 来夏にバイエルン・ミュンヘンへ加入する事が決まっているシュトゥットガルトに所属するフランス代表のDFバンジャマン・パバールが今冬に早まる可能性があるようだ。

 今月9日、バイエルンは3500万ユーロ(約45億5000万円)を支払い来季からパバールが加わる事を発表した。しかし22日付けの仏紙『レキップ』によると、ドイツ王者は4500万ユーロ(約58億5000万円)を支払い今冬にパバールを獲得したいと報じている。

 バイエルンは今冬にアトレティコ・マドリーのルーカス・エルナンデスの獲得を目指していたが破談に終わった。またマッツ・フンメルスやジェローム・ボアテングの両センターバックに退団の可能性が浮上している。そんな中でバイエルンは左サイドバックとセンターバックでプレー出来るパバールを早い段階で確保したいという思惑があるようだ。

 一方、シュトゥットガルトのミヒャエル・レシュケSD(スポーツディレクター)は独紙『アーベントブラット』の取材に対し「パバールはクラブに留まる。冬の移籍という事は絶対にない」と真っ向から否定している。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索