C・ロナウド、脱税による罰金24億円の支払いへ。初犯のため刑務所行きは免れる

C・ロナウド、脱税による罰金24億円の支払いへ。初犯のため刑務所行きは免れる

 ユベントスに所属する33歳のクリスティアーノ・ロナウドが、脱税の罰金支払いに合意した。22日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 2011年から2014年にかけて肖像権使用料による収入をタックスヘイブン(租税回避地)に逃がしていたとして、C・ロナウドはレアル・マドリー在籍時にスペイン当局から脱税容疑で告発されていた。ただ、C・ロナウド本人が意図して行なっていたものではなく、知らないところで脱税が行われていたとされる。

 同紙によると、罰金1700万ポンド(約24億1000万円)と懲役1年11ヶ月の判決が下されたという。ただし、スペインの法律において、初犯では懲役2年以下の実刑になることはなく、さらなる罪を犯さない限りは刑務所に入れられることはない。長く続いた脱税問題、ようやく解決に向かうのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索