PSGにとって最大の難敵? 仏大手紙とのバトル勃発。FFP問題に選手の不仲説、背景には何が

PSGにとって最大の難敵? 仏大手紙とのバトル勃発。FFP問題に選手の不仲説、背景には何が

PSG対仏大手紙。バトル勃発は昨年末

 昨年末、パリ・サンジェルマンが日本でも知名度の高いレキップ紙の記者を会見から締め出し、質問も受け付けないといった事態が勃発した。圧倒的な情報網と取材力を持つレキップ紙にはクラブ側も敏感になっているが、なぜ今回PSGはここまで怒ったのか。その背景には一体何が。(文:小川由紀子【フランス】)

——————————

 パリ・サンジェルマン(PSG)がレキップ紙の記者を会見から締め出し、質問も受け付けない!?

 そんな事態が勃発したのは昨年末のこと。2018年12月7日付のレキップ紙に書かれた、『ファイナンシャルフェアプレー(FFP)違反を回避するために、PSGは、ネイマールかキリアン・エムバペのどちらかを手放すことになるであろう』という記事に対しての抗議行動だ。

 クラブ側は、「まったくのでたらめ記事。馬鹿げている。メディアとクラブの間に緊張感を引き起こすもので、クラブのイメージを傷付けられた」と文書で抗議し、試合前の定例会見の会場にレキップ紙の記者を入れない、試合後の会見では質問をさせない、といった実力行使にも及んだ。

 フランスの総合スポーツ日刊紙『レキップ』といえば、日本でもかなり知られた存在だ。「仏レキップ紙によると…」といった引用もよく見られる。信憑性が高い、という評価を得ている世界的に有名なスポーツメディアだ。

 フランスのスポーツメディア、とくに紙媒体は、ほぼレキップ紙の独占状態にある。昔は『ル・スポーツ』という日刊紙もあり、近年ではレキップ紙のシェアを少しでも奪おうと『Le 10 Sport』なる新参者も参入したけれど、すぐに週刊に切り替わり、今ではその存在を知る人も少ない。

レキップ紙が持つ影響力。一方クラブは敏感に

 レキップ紙は、ツール・ド・フランスやダカールラリー等の国際的なスポーツイベントも主催する、フランススポーツ界の屋台骨、アモリーグループの傘下であり、記者やカメラマンの数も多いし、各競技にエキスパートを揃えている。情報網も別次元。取材力や資金力もある。レキップ紙だからできた、というインタビューも多い。

 ネットニュースが台頭してきて昔よりは読者の好みも多様化し、以前の大判からタブロイド判に縮小されたりもしているが、フランスでは「スポーツニュースはレキップ紙で」という人はまだまだ多い。影響力も大きく、レキップ紙に書かれていることはすべて事実であると信じる人も大勢いる。

 ゆえにレキップ紙が報じる内容にはクラブ側も敏感になるわけだが、PSGが指摘した12月7日の記事は、憶測には違いないが、正直なところそこまで騒ぐか? という内容だった。

 PSGは、2017年夏、エムバペとネイマールの獲得に4億ユーロ(約497億円)を超える額を支出した。一度はUEFAのFFP審査委員会からOKの通達が出たものの、その後再審査となり、違反が認められた場合は、最悪の場合、チャンピオンズリーグ(CL)出場権剥奪もありうる。

 ビッグイヤー獲得を目標として大金を投じているオーナー、カタール勢にとって、もしもそんなことになったら本末転倒である…という背景を受けての、『苦渋の“荷下し”が必要か』という内容で、『カタール勢は、世界的に人気のネイマールを残す選択をすることになるのでは? エムバペを口説けるのはレアル・マドリーだけか?』といった、「まあそういうこともなくはないか」と読み流せる記事だった。

自由度の低いPSGの管理体制

 と思うのだが、ここまで噛み付いたとなれば、PSGがFFPによほどナーバスになっている、というのがひとつ。それから、クラブからの抗議文にはエディンソン・カバーニについての記事への非難も列記されていたから、これまでレキップ紙がたびたびPSGに対して極端な内容の記事を配信していることへの我慢が限界に達した、ということか。

 PSGの抗議を受けてレキップ側は、「通達は遺憾だが、我々はスポーツメディアとして、PSGの報道も続ける」と冷静に対応した。

 また、フランスのスポーツイベントで取材を管理しているフランススポーツジャーナリスト組合(UJSF)も即座に動いて、報道の自由を妨害するPSGの行為に対して、他のメディアも署名した訴状をクラブに送るという処置をとった。

 PSGには、レキップ紙の記者を永久追放する気などなかっただろうから、ここらで一発「威嚇」した、という感じだろうが、客観的に見ると、彼らの行為はPSGが報道に神経を尖らせていることをことさら強調しただけだった気がする。

 PSGはここ最近、メディアをかなり統制していて、選手との個別インタビューの時でも、全質問を事前にチェックし、聞いてはいけない質問はあらかじめ弾かれ、提出していない質問をその場でするのはNG、インタビューには広報スタッフが同席して見張る、という、なんとも自由度の低い管理体制をとっている。

 その反動で、というわけでもないだろうが、メディア側も、レキップ紙にしても言いたい放題な面もある。

レキップの迷走記事が見受けられる昨今

 たとえば昨年、ネイマールが入団して間もない9月のリヨン戦で、ネイマールとカバーニがPKをどちらが蹴るかでもめた一件があったが、レキップ紙はその後もしつこく『ネイマールVSカバーニ』説をあおり、『ネイマールはエメリ監督と不和』といったネイマールネガティブキャンペーンを展開した。

「最近レキップちょっと暴走してないか?」という声はプレスルームでも囁かれていて、多くの報道陣が見ていた公開練習の翌日、『ネイマールが、歩み寄るエメリ監督に肩すかしをくらわし完全無視。2人の間の亀裂は決定的』といった内容の記事が出たときは、「そんなシーンあったか?」「だいいち、あんなに遠目じゃ無視したかまでわからんぞ」と話題にもなった。

 ネイマールとエムバペのコンビが好調な今季は『カバーニ蚊帳の外』路線を突っ走っている。『好調な2人の影で出番が激減し、カバーニはストレスをためている』と…。

 昨年10月、PSGが6−1で快勝したCLの対レッドスター戦のときも、レキップ紙はレッドスターの幹部が5点差で敗れることに大金を賭けていた、と報じた。

 莫大な情報網と取材力を誇るレキップ紙だからこそできた核心に迫った記事がある一方で、迷走した記事も見られる昨今。報道の自由は守られるべきものだが、どこかで出た記事が一瞬で世界中を駆け巡るいまの世の中、憶測レベルの話は個人のSNSでつぶやくに止め、影響力の大きいメディアで書く前には、慎重な裏付けが必要だ…と、自分も書き手のはしくれとして肝に命じるのだが、それにしてもPSGの対応もセコい。

 ビッグクラブを目指すなら、もうちょっとドーンとかまえていればいいものを…。

(文:小川由紀子【フランス】)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索