元日本代表MF稲本潤一、J2昇格目指すSC相模原に完全移籍。「経験や知識の全てをいかす」

元日本代表MF稲本潤一、J2昇格目指すSC相模原に完全移籍。「経験や知識の全てをいかす」

 J3のSC相模原はJ1の北海道コンサドーレ札幌から元日本代表MF稲本潤一の獲得を23日にクラブ公式サイトで発表した。これで稲本にとって相模原は国内外合わせて11クラブ目となる。

 1997年にガンバ大阪の下部組織からトップチームデビューした稲本は2001年にイングランド・プレミアリーグのアーセナルへ期限付き移籍。日本人のプレミア移籍の道を切り開いた。2002年の日韓ワールドカップに出場し、2得点を挙げベスト16まで導いた。その後も2006年、2010年と3大会連続でワールドカップに出場している。

 そんな経験豊富な39歳はクラブの公式サイトで「SC相模原と契約できたことをとても光栄に思います。自分の経験や知識の全てをいかして、相模原の勝利に貢献していきたいと思います。年齢も上の方ですので、チームを引っ張っていけたらと思います。応援、よろしくお願いします」とコメントした。

 稲本は相模原でJ2昇格を目指すことになる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索