吉田麻也、過密日程は「非常にいい機会」。「CLや五輪なんかも中2日で戦う」

吉田麻也、過密日程は「非常にいい機会」。「CLや五輪なんかも中2日で戦う」

 日本代表は現地時間23日、UAE・ドバイ市内のスタジアムで、AFCアジアカップ2019のベスト8・ベトナム戦に向けた前日練習を行った。

 吉田麻也は練習後にベトナムについて「若い選手が多いってことで、その下のカテゴリーで結果を出している選手たちが選ばれていて、東南アジアの大会も制していて、勢いのあるチームだなと感じている」と印象を語った。

 ベトナムは守備的な戦術を取ってくる可能性が高い。日本はボール支配率で下回ったサウジアラビア戦とは違う戦い方をする事が求められそうだ。「対戦相手は毎回違うわけだし、まあボールを持てる方がもちろんいいに越したことがないし、走らなくてリアクションしなくていい分、楽ではあると思うんで、うまく戦えればなと思います」と話す吉田は「先制点を取らせない、先制点を取る、そして流れをつかむっていうのが大事になると思います」と先取点の大切さを強調した。

 準々決勝進出から導入されるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)については「まあロシア(W杯)でもやってますし、よりペナルティボックスで繊細に守備をしなければいけないっていうことは変わりないです。より明確になっていいんじゃないですかね」と私見を述べた。

 過密日程の中で行われるベトナム戦だが吉田はポジティブに捉えているようだ。「中2日だからっていって、これは難しいって言ってしまったら、これからチャンピオンズリーグに出たり、五輪なんかも中2日でずっと戦ってかなきゃいけないんで、そういう状況を、肉体的にも精神的にも追い込まれる中で結果を出すっていうのが、選手個々の成長につながると思うんで、まあ非常にいい機会になると思います」

「決勝トーナメントなんで、前回同様一発勝負っていうのは変わらないんで、手堅くやらなきゃいけないですし、後ろはやるべきことしっかり分かってますし、継続してやっていきたいなと思います」と意気込みを語った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索