チェルシー指揮官、戦術変更に興味なし「今のシステムを問題視するのは間違いだ」

チェルシー指揮官、戦術変更に興味なし「今のシステムを問題視するのは間違いだ」

 チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は厳しい状況に追い込まれている。現地時間24日に行われるリーグ杯決勝のマンチェスター・シティ戦の結果次第で解任の可能性も出てきた。しかし、最後まで今の戦術を貫くようだと、20日に英メディア『BBC』が報じている。

 昨年7月、解任されたアントニオ・コンテ前監督の後任としてマウリツィオ・サッリ監督がチェルシーの指揮官に就任。開幕からのリーグ5連勝を含め、公式戦18戦無敗を記録し、スタートダッシュに成功した。

 しかし、最近はプレミアリーグで負ける試合が増え、順位も6位まで低下。マンチェスター・シティ戦で0-6の大敗を喫して以降、解任される可能性も高まっている。一番の問題は、機能しなくなった戦術にあるとされる。しかし、サッリ監督は「システムを問題視するのは間違った考え」と答え、戦術の変更に興味がないことを明かした。

 続けて「負けそうなときはストライカーを入れなければならない。勝ちそうなときはディフェンダーを入れなければならない。それは知っている。しかし、私は違ったサッカーを見たいのだ。ただ、3日毎に試合を控えているため簡単ではない」と語っている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索