ベイルに中国クラブからオファーか?マンUが興味も…

ベイルに中国クラブからオファーか?マンUが興味も…

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルに中国クラブからの獲得オファーがあったようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の25日に報じた。

 サウサンプトンの下部組織出身のベイルは2005年に同クラブとプロ契約。翌年には16歳という若さでトップチームデビューを飾った。2007年にはトッテナムへ移籍。その後、2013年にレアル移籍を果たしている。今季の公式戦ここまで40試合に出場し、14得点6アシストを記録。だが、直近のリーグ戦2試合では終盤からの途中出場となっており、出場機会が減っている。

 そんなベイルには以前からマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していて、同選手をプレミアに戻そうとしている。だが、まだユナイテッドには具体的な動きがない。

 そんな中、中国クラブがすでにオファーを出したようだ。同メディアによると、「一つの中国クラブが唯一興味を抱いている」とクラブの名前は明かされていないが、中国クラブからの興味を伝えている。ベイルは中国クラブに移籍となるのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索