チェルシー、D・ルイスと契約延長。“30歳以上は単年”のポリシー覆す2年契約

チェルシー、D・ルイスと契約延長。“30歳以上は単年”のポリシー覆す2年契約

 チェルシーは10日、同クラブに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスとの契約を延長したことをクラブ公式サイトで発表した。新たな契約は2021年までの2年間となる。

 D・ルイスは2011年1月にベンフィカからチェルシーに加入し、翌年のチャンピオンズリーグ優勝などに貢献。2014年に一旦パリ・サンジェルマンへ移籍したあと、2016年に復帰して再びチェルシーでプレーしている。

 以前の契約は今季末で満了となっており、契約延長に向けた交渉が行われていたが、交渉の難航も伝えられていた。その理由は、30歳を超えた選手とは複数年契約を結ばないというチェルシーの方針に対し、D・ルイスが難色を示していることにもあるとみられていた。

 だがチェルシーは、先月で32歳となったD・ルイスと2年間の新たな契約を交わすことを決定。国際サッカー連盟(FIFA)から受けた補強禁止処分により新たな選手を獲得できないことも影響してか、ポリシーを曲げてでもD・ルイスを引き留めることを望んだようだ。

「ここに残る機会を与えてもらえて嬉しい。このクラブを愛しているし、今でも若い選手のような野心を持っている。チームを助けるために全力を尽くしていくつもりだ」とD・ルイスは契約延長に際してコメントしている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索