岡崎慎司、レスターでの“記憶に残る6ゴール”。クラブ公式サイトで選出

岡崎慎司、レスターでの“記憶に残る6ゴール”。クラブ公式サイトで選出

 イングランド・プレミアリーグのレスター・シティは、今季限りで同クラブを退団するFW岡崎慎司が4年間の在籍中に記録した得点の中から特に印象的な6ゴールを選出し、クラブ公式サイトで紹介している。

 岡崎はドイツのマインツから2015年夏にレスターに加入。1年目にはサッカー界の歴史に残る偉業となったレスターのプレミアリーグ初優勝に貢献した。4年間で公式戦136試合に出場し、19ゴールを記録している。

 その中でも特に記憶に残るゴールとして、まずクラブが挙げているのはレスターでの初ゴール。プレミアリーグデビューから2試合目となったアウェイでのウェスト・ハム戦で、右足ボレーから一旦はGKに弾かれたボールを頭で押し込んだ先制点だった。

 続いて2016年3月のニューカッスル戦で決めた衝撃的なオーバーヘッドキックでの決勝点。それまでリーグ戦のアウェイゲームで4点を決めていた岡崎だが、本拠地での初ゴールとなった。「優勝したシーズンの象徴的なゴールと言えば、この1点は必ず話題に上る」とクラブは述べ、シーズンの佳境に入った時期に貴重な勝利をもたらしたゴールの意義を強調している。

 プレミアリーグ優勝を成し遂げたレスターは翌年のチャンピオンズリーグ(CL)に出場。グループステージ第5節のクラブ・ブルージュ戦では岡崎は自身のCL初ゴールを記録し、勝利を収めたレスターは決勝トーナメント進出を決めた。

 2017年のマンチェスター・シティ戦で決めた鮮やかなボレーは、チームの結果には繋がらなかったが、「彼のベストゴールのひとつ」と技術的に高評価。カラバオ・カップのリバプール戦で決めたゴールは「岡崎らしい」と評されている。

 最後の1点は2017年12月、サウサンプトン戦で2得点を挙げた試合での2点目。吉田麻也も1ゴールを挙げ、両チームの日本人選手がゴールを挙げた試合だった。この試合は「2017/18シーズンのレスターの最高のパフォーマンスのひとつ」であり、「その中心に岡崎がいた」とクラブは述べている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索