バルサ、FWマルコムをわずか1年で放出か。ドルトムントが獲得に興味を示す

バルサ、FWマルコムをわずか1年で放出か。ドルトムントが獲得に興味を示す

 バルセロナは同クラブに所属するFWマルコムを放出する準備があるようだ。

 マルコムは2018年夏にフランス1部ボルドーからバルセロナへ移籍を果たした。移籍金4000万ユーロ(約50億円)という事もあり大きな期待を受けて加入したマルコムだが、リーグ戦15試合でフル出場はわずか3試合と選手層の厚いバルセロナでは定位置を奪いきれずにいる。

 そんな22歳に対しドルトムントが興味を持っていると20日付けのスペイン紙『アス』が報じているのだ。ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)はマルコムの試合を見に何度も足を運んでいるようだ。またクリスティアン・プリシッチをチェルシーに放出した事もあり代わりとなるサイドアタッカーを探しているようだ。

 一方でバルセロナはブンデスリーガに比べ資金力に勝るプレミアリーグにマルコムを売り出したいと考えているようだ。同紙によると、アーセナルとトッテナムは昨季このブラジル人選手に興味を持っていたと伝えている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索