武藤同僚GK、ユベントスからの興味も残留を強調。「興味がない」「ここで幸せ」

武藤同僚GK、ユベントスからの興味も残留を強調。「興味がない」「ここで幸せ」

 イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属するスロバキア代表GKマルティン・ドゥブラフカが残留を強調したようだ。地元紙『ニューカッスル・クロニクル』が現地時間の21日に報じた。

 現在30歳のドゥブラフカは2018年にチェコ1部のスパルタ・プラハからニューカッスルに期限付き移籍。すると、同年5月に買取オプションを行使され2022年6月までの契約を締結した。今季のリーグ戦全試合にフル出場した同クラブの守護神である。

 そんなドゥブラフカにはイタリア・セリエAで8連覇を達成したユベントスが獲得に興味を示している。だが、本人の意思は移籍ではなく、残留であるようだ。

 同紙のインタビューで去就について聞かれたドゥブラフカは「僕はそれについて考えることはない。このクラブでの仕事に集中している。いくつかの噂を聞いたよ。それについて興味はないし、話すこともない。夏の移籍についてはフロントがやること。僕はここで幸せだし、毎週プレーしていて、自分自身ここで楽しめている」と残留を強調した。

 ニューカッスルの守護神はこのまま残留となるのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索