元レアル指揮官がチェルシー指揮官に?サッリの後任として自ら希望か…

元レアル指揮官がチェルシー指揮官に?サッリの後任として自ら希望か…

 元レアル・マドリー指揮官フレン・ロペテギ氏がチェルシー指揮官就任に意欲を示しているようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の25日に報じた。

 ロペテギ氏は2016年からスペイン代表で指揮を執っていたが、2018年6月レアル・マドリーの指揮官に就任することが発表された。それに伴い、ロシアワールドカップ開幕前日にスペイン代表指揮官を退任した。だが、昨年10月28日に行われたバルセロナとのエル・クラシコを最後にレアル指揮官を解任された。現在ロペテギ氏は監督業に復帰していない。

 そんなロペテギ氏はチェルシーで指揮を執りたいと考えているらしく、ユベントス行きが噂される指揮官マウリツィオ・サッリの後任として指揮官就任を希望しているという。

 だが、元チェルシーMFで現ダービー・カウンティ指揮官フランク・ランパードのチェルシー指揮官就任の噂もある。果たして、ロペテギ氏は再び指揮官としてピッチに戻ってくることができるのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索