久保建英のスペイン語が堪能。レアルDFが冗談交じりに称賛「僕たちよりも上手い」

久保建英のスペイン語が堪能。レアルDFが冗談交じりに称賛「僕たちよりも上手い」

 FC東京からレアル・マドリーのBチーム(レアル・マドリード・カスティージャ)に移籍した18歳の日本代表MF久保建英。同選手のスペイン語が堪能であると、チームメイトのスペイン代表DFナチョが冗談交じりに称賛した。18日に『レプブリカ』が報じている。

 久保は2011年にバルセロナの下部組織に入団したが、18歳未満の外国人選手の獲得・登録に関する違反があったとしてスペインでのプレーが不可能に。2015年に退団した後、帰国してFC東京の下部組織に入団。その後、改めて移籍が可能となる18歳を迎えたため、レアル・マドリーへ移籍することになった。現在、レアル・マドリーの北米ツアーに参加している。

 ナチョは「彼は僕たち(ロスブランコスのスペイン人)よりもスペイン語が堪能だ」とコメント。冗談交じりに称賛したと同メディアは伝えている。バルセロナで過ごしていた経験があるだけに、スペイン語でのコミュニティーションは問題ないようだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索