アーセナル主将、母国復帰へレンヌと個人合意か。クラブには契約解除求める

アーセナル主将、母国復帰へレンヌと個人合意か。クラブには契約解除求める

 アーセナルに所属する元フランス代表DFロラン・コシエルニーは、母国フランスのレンヌへの移籍が個人合意に達したとみられている。フランス『RMCスポーツ』が21日付で伝えた。

 アーセナルは今月11日、キャプテンも務めるコシエルニーがプレシーズンツアーへの帯同を拒否したと発表。英メディアでは、クラブから契約延長に向けて提示された条件への不満が帯同拒否の理由であるとも伝えられていた。

 退団を希望するコシエルニーに対し、フランス1部のボルドーやリヨンも獲得に関心を示していると報じられていたが、レンヌがコシエルニーとの契約合意に達したという。だが移籍成立のためにはまだアーセナルの合意を得る必要がある。

 コシエルニーは残り1年となっている契約を解除し、フリーで移籍可能とすることをアーセナルに要請している模様。だがアーセナルはこれを拒否し、同選手の移籍金を1000万ユーロ(約12億円)に設定したとみられている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索