2010年W杯出場の元ホンジュラス代表FWが急死。滞在先のニューヨークで心臓発作

2010年W杯出場の元ホンジュラス代表FWが急死。滞在先のニューヨークで心臓発作

 中国スーパーリーグの北京国安が12日、かつて同クラブでプレーしていた37歳の元ホンジュラス代表FWウォルター・マルティネスが急死したと発表。

 クラブの発表によると、マルティネスが滞在先のニューヨークで心臓発作を起こし帰らぬ人になったという。北京国安はクラブのオフィシャルサイトを通じて「マルティネスの家族に心からお悔やみ申し上げます。天国にサッカーがあり、怪我がないことを願っています。北京はいつもあなたを恋しく思うでしょう」とコメントした。

 マルティネスはホンジュラス代表として通算49試合に出場し12得点を記録。2010年ワールドカップにも参加し、グループリーグの3試合に出場していた。北京国安に在籍していた時にはACLでもプレーしており、2008年の鹿島アントラーズ戦などに出場している。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索