10人の磐田がラストプレーで同点PK。最下位からの反撃へ意地見せる

10人の磐田がラストプレーで同点PK。最下位からの反撃へ意地見せる

【ガンバ大阪 1-1 ジュビロ磐田 J1第23節】

 明治安田生命J1リーグ第23節のガンバ大阪対ジュビロ磐田戦が18日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

 最下位に沈む磐田は、鈴木秀人前監督が就任わずか1ヶ月半で15日に退任。小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮を執り、3連敗のストップと最下位脱出を目指す。新加入のDFファビオは先発で古巣相手のデビューとなった。

 だが開始15分、磐田はいきなり窮地に追い込まれてしまう。新戦力のFWルキアンが1枚イエローカードを受けた直後のプレーでDFと交錯したあと、観客席へ大きくボールを蹴り出して2枚目のイエロー。磐田は残り約75分を10人で戦わなければならなくなった。

 数的優位に立ったG大阪は前半終了間際の44分に先制。小野瀬康介がエリア手前右側から左足で曲げたボールをゴール前に入れると、飛び込んだ宇佐美貴史は届かなかったが、ボールはそのままゴールに収まった。

 磐田も後半に諦めない反撃の姿勢を見せ、交代出場のアダイウトンらがゴールに迫る形もあったが同点はならず。G大阪は81分、相手エリア内での細かいパスワークから最後は宇佐美が決定的なシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いて追加点は奪えなかった。

 そのままG大阪が勝利を収めるかに見えた94分、最後の攻撃を仕掛ける磐田は中山仁斗がエリア中央で倒されてPKを獲得。これを中山が自ら成功させ、ラストプレーとなったキックで追いついてドローに持ち込んだ。

 G大阪はこれで4試合連続のドロー。磐田は連敗を3でストップし、依然として状況は厳しいが浮上に向けた意地を見せた形となった。

【得点者】
44分 1-0 小野瀬康介(G大阪)
90+5分 1-1 中山仁斗(磐田)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索