PSV、堂安律獲得断念!? 元オランダ得点王のイラン代表FWにターゲット変更か

PSV、堂安律獲得断念!? 元オランダ得点王のイラン代表FWにターゲット変更か

 フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律の獲得に関心を示していると報じられてきたPSVだが、ターゲットを変更したのかもしれない。オランダ『VI』が22日に伝えている。

 PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサノはナポリへの移籍が濃厚となり、近々決定の見通しだと報じられている。その代役候補の“トップターゲット”として、PSVはフローニンゲンで活躍する日本代表MFに目をつけているとみられていた。

 だがフローニンゲンの要求する多額の移籍金にPSVは難色を示しているという。そこで堂安に代わる新たなターゲットとして、PSVはプレミアリーグのブライトンに所属するイラン代表FWアリレザ・ジャハンバフシュの獲得を検討しているとのことだ。

 ジャハンバフシュはオランダのNECで2年間、AZで3年間プレーし、2017/18シーズンにはエールディビジで21得点を挙げる活躍。欧州主要リーグで史上初めて得点王に輝いたアジア出身選手となった。だが昨夏移籍したイングランドでは苦戦し、昨季は公式戦24試合の出場で無得点に終わっている。

 堂安自身はPSVへの移籍を望んでいる様子で、フローニンゲンがオファーに応じることを期待するようなコメントを述べている。国内ビッグクラブへの移籍は実現するのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索