久保建英、マジョルカで待つ新たな11人の仲間。ライバルは強力! レアル下部組織出身の選手も【編集部フォーカス】

久保建英、マジョルカで待つ新たな11人の仲間。ライバルは強力! レアル下部組織出身の選手も【編集部フォーカス】

マジョルカとは

 日本代表のMF久保建英が今夏、レアル・マドリー・カスティージャからのレンタルという形でマジョルカに加入することが決まった。今季は同クラブでプレーすることになるが、果たして新天地にはどのような選手がいるのだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、久保の新たな仲間となる11人を予想スタメンから紹介する。

——————————

 RCDマジョルカは、スペインのバレアレス諸島パルマ・デ・マヨルカ(マヨルカ島)に本拠地を置くチーム。クラブの創立は1916年となっており、バレアレス諸島のサッカークラブの中では最も長い歴史を持っている。ちなみにマヨルカ島は人気の観光スポット、リゾート地としても有名。世界遺産のサグラダ・ファミリアの作者であるアントニオ・ガウディが改修に関わったことで知られているパルマ・デ・マヨルカ大聖堂やアルムダイナ宮殿といった歴史ある建造物も数多く揃っている。

 そんな人気スポットに本拠地を置くマジョルカは、1931年にリーガ・エスパニョーラに参戦。当時はテルセーラ・ディビシオン(3部)でプレーしていたが、1959年にはクラブ史上初のセグンダ・ディビシオン(2部)昇格を果たし、その1年後にはプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を掴み取るなど、着実に力を付けていったのである。

 その後は低迷期が続いたマジョルカであったが、黄金期が訪れたのは1997/98シーズンのこと。エクトル・クーペル監督の下、プリメーラ・ディビシオン昇格1年目ながらリーグ戦で5位に食い込むと、コパ・デル・レイでは準優勝。1998/99シーズンにはスペイン・スーパーカップを制してクラブ史上初となる主要タイトルを獲得したのだ。2000/01シーズンにはルイス・アラゴネス監督の下でクラブ史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。快進撃は止まらなかった。

 しかし、暗黒期はやってきた。2010年5月にクラブは経営破綻を宣言。その影響もあってUEFA(欧州サッカー連盟)からUEFA主催大会への出場権利をはく奪されるなど、チームはピッチ内外で大きく揺れた。リーグ戦では中位に入るのが精一杯という状況が続いていたが、2012/13シーズンにクラブはついに2部降格の憂き目に遭ってしまった。2016/17にはリーグ戦で20位という結果に終わり、3部降格も味わっている。

 それでも、昨季はセグンダ・ディビシオンで5位につけると、昇格プレーオフでアルバセテ・バロンピエとデポルティーボ・ラ・コルーニャを下して見事に優勝。実に7シーズンぶりとなるプリメーラ・ディビシオン参戦を決めたのである。

 そんなマジョルカではかつてFW大久保嘉人、MF家長昭博がプレーしていた。そのため、MF久保建英は同クラブにおける3人目の日本人選手ということになる。レンタル移籍という形ではあるが、1部リーグでどこまで活躍できるかに注目が集まる。

 7シーズンぶりのプリメーラ・ディビシオン参戦となるマジョルカ。では、現在はどのような選手が在籍しているのだろうか。予想スタメンからポジションごとに紹介していきたい。

GK

マノロ・レイナ(スペイン/背番号1)
生年月日:1985年4月1日(34歳)
昨季リーグ戦成績:34試合出場/32失点

 今年で34歳となったベテラン守護神。マラガでプロデビュー後、様々なクラブへ移籍を果たし、主にセグンダ・ディビシオン(2部)でプレーしていた同選手は、2017/18シーズンよりマジョルカに加入している。新天地1年目からリーグ戦で35試合に出場するなど力を見せ、昨季も主力として活躍。チームの1部昇格に大きく貢献した。

 安定感あるキャッチングやキックの質にも定評があるマノロ・レイナは、現地時間17日に行われたエイバルとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦でもスタメン出場。1失点こそ喫したが、4本のシュートをセーブするなど輝きを放っていた。まだ18歳と若い久保建英にとっても、ピッチ内外で頼もしい存在となりそうだ。

DF

マルティン・ヴァリエント(スロバキア代表/背番号24)
生年月日:1995年12月11日(23歳)
昨季リーグ戦成績:29試合出場/0得点0アシスト

 昨季マジョルカに加入したセンターバック。空中戦やフィジカルの強さは平均的であるが、相手に簡単に振り切られないスピードを持っており、運動量も豊富なため90分間ハードにプレーできる選手だ。年代別のスロバキア代表としてのプレー経験も豊富で、昨年にはフル代表デビューも果たすなど、持っている力は明らかである。

 23歳の若きセンターバックは現地時間17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第1節のエイバル戦でスタメン出場を果たすと、安定感あるプレーで最終ラインを統率。データサイト『Who Scored』では7.0という高いレーティングが与えられているなど、勝ち点3獲得の立役者となった。

アントニオ・ライロ(スペイン/背番号21)
生年月日:1991年10月8日(27歳)
昨季リーグ戦成績:35試合出場/2得点0アシスト

 エスパニョールBで頭角を現し、その後トップチーム昇格を掴み取った27歳のDF。身長187cm、体重80kgといった体躯を誇る同選手は対人戦の強さに絶対的な自信を持っており、セットプレー時などから点も奪えるなど攻守両面でチームに大きく貢献できる存在だ。

 マジョルカに加入したのは2016/17シーズンのこと。加入1年目からレギュラーの座を掴み取ると、以降もコンスタントにピッチに立ち続けている。ここまでマジョルカでは公式戦105試合に出場。文字通りの替えの効かない選手である。

ホアン・サストレ(スペイン/背番号2)
生年月日:1997年4月30日(22歳)
昨季リーグ戦成績:25試合出場/0得点1アシスト

 マジョルカ生え抜きの若手サイドバック。トップチーム昇格を果たしたのは2017/18シーズンのことだが、1年目からリーグ戦33試合に出場し、3得点という結果を残すなど早くもクラブの右サイドバックのファーストチョイスとなった選手だ。昨季もリーグ戦25試合に出場するなど主力としてプレーし、マジョルカの1部昇格に尽力し続けた。

 豊富な運動量と果敢に攻撃参加する姿勢が印象的な背番号2は、U-19スペイン代表でのプレー経験も持っている。そんな同選手は開幕節のエイバル戦で鋭いクロスを上げると、これが相手のオウンゴールを誘発。白星発進の立役者となるなど、プリメーラ・ディビシオンでもその力を見せつけた。

ルモール・アグベニュー(ガーナ代表/背番号3)
生年月日:1996年8月15日(23歳)
昨季リーグ戦成績:1試合出場/0得点0アシスト(スポルティングCP)
昨季リーグ戦成績:9試合出場/0得点0アシスト(ギョズテペSK)

 今夏にポルトガルの名門・スポルティングCPからやってきたサイドバックのプレイヤー。ポルトの下部組織で育った同選手は、その後に移籍したポルティモネンセでプロデビューを果たしている。2017/18シーズンには日本代表MFの中島翔哉とともにプレーしており、ガーナ人DFにとってMF久保建英は2人目の日本人チームメイトということになる。

 ガーナ代表として先日まで行われていたアフリカネーションズカップ2019にも出場していた同選手は、積極的なドリブル突破を武器に持つ攻撃的なサイドバックだ。クロスの質などはやや改善が必要だが、縦への推進力はやはり相手の脅威となる。自身にとってリーガ・エスパニョーラは初の挑戦となるが、印象的なプレーを披露できるか。

MF

イドリス・ババ(ガーナ/背番号12)
生年月日:1996年1月22日(23歳)
昨季リーグ戦成績:25試合出場/0得点0アシスト

 2016/17シーズンにマジョルカのBチームでプロデビューを果たしたガーナ人MF。その翌シーズンはバラカルドCFへのレンタル移籍を経験するものの、昨季にマジョルカへ復帰すると指揮官の信頼を完全に掴み取り、レギュラーに定着して1部復帰に大きく貢献した。今年7月にはクラブと2022年まで契約を延長するなど、チームからの信頼は明らかだ。

 身長182cm、体重73kgの体躯を誇る同選手は、ピッチの幅広いエリアを的確にカバーしながら相手の攻撃の芽を摘む能力に長けている。開幕節のエイバル戦では両チーム合わせてトップとなるタックル成功数4回を記録するなど、とくに守備面での貢献度が高い。まだ23歳と若く、今後の成長にも大きな期待が抱ける。

サルヴァ・セビージャ(スペイン/背番号8)
生年月日:1984年3月18日(35歳)
昨季リーグ戦成績:37試合出場/3得点9アシスト

 過去にレアル・べティスやエスパニョールでプレーし、現在までにプリメーラ・ディビシオンで112試合の出場を誇るベテランMF。視野の広さを生かして味方に正確なパスを供給することができる選手であり、ゴール前での創造性などにも定評がある。主に中央でのプレーを基本としているが、試合の中でサイドに流れながらクロスで違いを生みだすこともできるなど、マジョルカにとってはなんとも頼もしい選手だ。

 エイバルとの開幕戦でもパス成功率83%、決定的なパスを3本も繰り出すなど、同選手の特長はしっかりと表れていた。今夏よりマジョルカに加入するMF久保建英はこのベテランMFとどこまで高い連係を築けるかという部分が肝心となってくるだろう。35歳の頼れるセントラルミッドフィルダーから学ぶことも多いはずだ。

ダニ・ロドリゲス(スペイン/背番号14)
生年月日:1988年6月6日(31歳)
昨季リーグ戦成績:38試合出場/3得点3アシスト

 エイバルとの開幕戦でマジョルカを率いているビセンテ・モレノ監督は4-1-4-1のフォーメーションを採用した。そのエイバル戦で右サイドハーフを務めたのが、このダニ・ロドリゲス。つまり、右サイドでの起用が濃厚とされているMF久保建英のライバル候補となる。

 31歳の同選手は主に中央を主戦場とするプレイヤーであるが、攻撃的なセンスは抜群なため、サイドでもその存在感を放つことができる。エイバルとの開幕戦では4分に圧倒的なスピードを生かし2人を置き去りにすると、そのまま右足でゴール。勝利の立役者となり、データサイト『Who Scored』内では同試合のMOMにも選出されている。新天地でのスタメン奪取を狙う久保にとってはかなり強力なライバルになりそうだ。

アレイクス・フェバス(スペイン/背番号23)
生年月日:1996年2月2日(23歳)
昨季リーグ戦成績:38試合出場/3得点3アシスト(アルバセテ・バロンピエ)

 右サイドでのプレーが濃厚とされているMF久保建英。しかし、開幕節のエイバル戦のような4-1-4-1のフォーメーションをビセンテ・モレノ監督が採用する場合、2列目の中央、つまり2枚のインサイドハーフの位置で出場する可能性も少なくはない。その時にポジションを争うことになりそうなのが、このアレイクス・フェバスである。

 昨季はアルバセテ・バロンピエでプレーした同選手はリーグ戦38試合で3得点3アシストの成績を収めた実力者である。まだ23歳と若く、これまでプリメーラ・ディビシオンでのプレー経験はなかったが、開幕節のエイバル戦でスタメン出場を果たしているなど、指揮官から信頼を寄せられているのは明らかだ。こちらも久保にとっては強力なライバルとなるだろう。また、奇しくも同選手の元所属は久保と同じレアル・マドリー・カスティージャである。

FW

ラゴ・ジュニオール(コートジボワール/背番号11)
生年月日:1990年12月31日(28歳)
昨季リーグ戦成績:40試合出場/11得点8アシスト

 マジョルカで不動の地位を築いているコートジボワール人アタッカー。一瞬で相手を置き去りにするスピードと決定力の高さを武器に前線で相手の脅威となることができる選手で、鋭いカウンターを得意とする同クラブにおいては必要不可欠な存在だ。マジョルカでは主に2トップの一角や左サイドハーフとして起用されている。

 昨季はリーグ戦40試合で11得点8アシストと好成績を収めた同選手。1部昇格の立役者となったのは言うまでもない。ラゴ・ジュニオールにとってプリメーラ・ディビシオンでのプレーは2008/09シーズンのヌマンシア在籍時以来となるが、果たして今季はどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

アンテ・ブディミール(クロアチア/背番号22)
生年月日:1991年7月22日(28歳)
昨季リーグ戦成績:17試合出場/3得点2アシスト(クロトーネ)
昨季リーグ戦成績:18試合出場/5得点1アシスト

 昨季途中にイタリアのクロトーネからレンタルでやってきたクロアチア人FW。冬に加入したマジョルカではリーグ戦18試合で5得点1アシストの成績を収めるなどさっそくチームにフィットし、その実力を証明した。その活躍が認められ、クラブは今夏に同選手を完全移籍で“改めて”チームに加えることを決定している。

 身長190cm、体重75kgの体躯を誇る同選手はペナルティエリア内で圧巻の強さを発揮することができ、空中戦などには絶対の自信を持っている。ポストプレイヤーとしても優秀なため、味方からすればなんとも頼もしい選手である。今後も最前線で身体を張り続けることになりそうだが、MF久保建英とどのようなコンビネーションを見せるか。注目だ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索