ドルトムントのポルトガル代表DF、2023年まで契約延長へ。SD「楽観視している」

ドルトムントのポルトガル代表DF、2023年まで契約延長へ。SD「楽観視している」

 ボルシア・ドルトムントはポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロと契約延長でほぼ合意しているようだ。

 12日に行われた記者会見の席でミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「我々は数週間にわたり彼と話し合いを行ってきた。そしてクラブと選手は2023年までの契約延長で大筋合意した事を発表できるまでに至った」と語った。

 ゲレイロを巡っては今夏での移籍の可能性も報じられてきた。8月27日付けの英紙『ミラー』では、パリ・サンジェルマン(PSG)が800万ユーロ(約9億4000万円)で獲得する準備をしていると伝えていた。

 25歳のゲレイロは2016年からドルトムントでプレーしている。左サイドを主戦場にこれまで公式戦84試合に出場し15得点17アシストを記録している。

「まだ詳細について詰めなくてないけない部分はあるが、楽観視している」と語るツォルクSD。ドルトムントは左サイドを高いレベルでこなせるユーティリティーなゲレイロを今後も長期に渡って確保する事に成功しそうだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索