レアル、ベンゼマの2得点などで2試合ぶりの勝利。前半で3点リードも…あわや同点も

レアル、ベンゼマの2得点などで2試合ぶりの勝利。前半で3点リードも…あわや同点も

【レアル・マドリー 3-2 レバンテ リーガ・エスパニョーラ第4節】

 リーガ・エスパニョーラ第4節、レアル・マドリー対レバンテが現地時間14日に行われた。試合はホームのレアルが3-2で勝利した。

 レアルを率いるジネディーヌ・ジダン監督は中盤にカゼミーロ、トニ・クロース、ハメス・ロドリゲスを起用。左のウィングにはヴィニシウス・ジュニオールが入り、カリム・ベンゼマが中央、右にルーカス・バスケスが入った。

 押し込むレアルは20分、右サイド深い位置からのスローインをハメスが受け、左にサイドチェンジ。これをマルセロがダイレクトでペナルティエリア手前のベンゼマへパス。ベンゼマは中央へ運び、右サイドでシュート。だが、これはGKの好セーブに阻まれた。

 すると25分、右サイドを上がったカルバハルが切り返して左足のクロスを供給。これを中央でベンゼマが合わせ、レアルが先制となった。さらに31分、ロングボールをベンゼマが競りに行く。これは相手DFにクリアされるが、それをハメスが拾いドリブルで仕掛ける。すると、前に走ったベンゼマにスルーパスを供給し、これをベンゼマが落ち着いて決めた。

 40分にもカゼミーロが追加点を決め、レアルが3点のリードで前半を折り返した。後半開始早々にレバンテが1点を返す。49分、左サイドのクラークがグラウンダーで中央にクロス。これをマジョラルがダイレクトで合わせ、レバンテが1点を返した。

 すると60分、レアルはカゼミーロに代えアザール、ラモスに代えミリトンを投入した。攻め込むレアルだったが、レバンテが1点差に詰め寄る。75分、左サイド深い位置のFKから、メレロがファーサイドでヘディングで合わせ、ゴールを決めた。前半で3点リードしたレアルだったが、1点差に詰め寄られる。

 レアルは2点差に詰め寄られ、あわや同点もあったが、追加点を許さず。レアルが2試合ぶりの勝利を収めた。

【得点者】
25分 1-0 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)
31分 2-0 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)
40分 3-0 カゼミーロ(レアル・マドリー)
49分 3-1 ボルハ・マジョラル(レバンテ)
75分 3-2 ゴンサロ・メレロ(レバンテ)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索