バイエルン、アラバが左足太腿負傷で離脱。CL開幕を前に痛手

バイエルン、アラバが左足太腿負傷で離脱。CL開幕を前に痛手

 バイエルン・ミュンヘンは15日、同クラブ所属のオーストリア代表DFダビド・アラバが負傷し、左足太腿の筋損傷と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 アラバは現地時間14日に行われたブンデスリーガ第4節のRBライプツィヒ戦に向けたウォームアップ中に負傷。当初この試合の先発メンバー入りが発表されたが、キックオフ前にDFジェローム・ボアテングへの先発変更がアナウンスされていた。

 クラブはアラバの具体的な離脱期間の見通しを明確には示していない。ブンデスリーガ公式サイトやドイツメディアは、「数週間」の離脱が見込まれると伝えている。

 バイエルンでレギュラーとしてプレーするアラバは、今季もブンデスリーガ開幕から前節まで3試合に先発でフル出場していた。今週からチャンピオンズリーグも開幕する中、バイエルンにとっては痛手となりそうだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索